髙橋屋根工業株式会社

総合屋根工事業の老舗として
時代の先を見た社業と働き方を推進。

代表取締役 髙橋 一美さん

昭和25年の創業以来、セメント瓦の製造を中心に瓦工事業を行い、地域のトップクラス的な企業として成長してきました。年を経て、多くの同業者が撤退に追いこまれる中、当社が継続できたのは、常に時代の先を見ていたからといえます。優秀な自前の職人を抱えながら、融雪歩道板や融雪瓦製品など新商品開発を積極的に展開。フラットの瓦が求められる時代になると、陶器でフラットに焼くのは難しいことから、セメント瓦で寸法精度に優れた「シーファー 33」を開発。昔からの天然スレートの風合いを出した画期的な商品として市場を広げてきました。
東日本大震災を機に瓦の製造を止め、屋根工事に特化する業務に取り組んでいます。これまでのセメント瓦や陶器瓦にこだわらず、ガルバリウム鋼板などそれぞれの建物に適した屋根材を提案・施工。さらに、ソーラーパネルの施工や直接個人の住宅の屋根工事など業務領域を広げています。一方で、災害に強い軽量で耐久性に優れた新型屋根材を石巻専修大と協力して開発するなど、伝統的な研究心は大切に継承されています。
当社では、この春の代表交代を機に社業拡大を念頭に業務環境の改善を図っています。従来のトップダウン的な流れを改め、中堅の社員を中心に、それぞれが自覚と責任を持って楽しく仕事ができる職場づくりです。部門ごとにミーティングの時間を持ち、課題があれば上司に気軽に相談できる雰囲気、現場だけでなく他の部署と横断的に話し合いが行われる風通しの良い環境づくりです。そして、やらされるのではなく、やらなければとの気概を持って仕事に取り組んでほしいと願っています。当社では、社員の勤労意欲の向上と経営感覚の醸成を目ざして分社制度を設けています。今まで50%の出資を受けて5社が独立(現在は2社)。当社から受注を受けながら営業活動を展開しています。あなたの気概に応えるチャンスはいつでもあります。

髙橋屋根工業株式会社イメージ1

新型軽量屋根材「シーファーS6」。

髙橋屋根工業株式会社イメージ3

本社外観。

中堅社員が語るキラリVOICE

現場で作業の管理や仕事の割り振り、工程計画の作成などに携わっています。経歴22年ですが、最初は何も分からない事ばかりでした。高所作業も恐かったですね。屋根仕事は見た目以上に技術が必要です。重要なのは下地材を貼るルーフィングです。正確にしないと雨漏りなどの原因になります。瓦をひっかける瓦桟も重要です。わずかでも曲がると全てが台無しです。また、屋根にはいろいろな形状や材料、工事の仕方があり、その都度違った技術が要求されます。常に勉強の日々ですね。最初からうまくできないのは当然ですが、技の向上が工事時間や見映えで実感できる点で、やりがいのある仕事です。町で自分が手がけた屋根を見つけると自慢したくなりますよ。高所作業なので。安全には人一倍気を使っています。大事なのはスタッフ同士のコミュニケーションですね。常にミーティングをし、毎日顔をみて声をかけ、体調をみながら現場に出すようにしています。
家に帰れば子供メインの生活です。休日は子供の部活のサポートに奔走しています。練習や試合の送り迎えや、遠征に随行して各地を走り回っています、それが趣味のようなものです。また、米農家をやっている実家の手伝いもしています。これからも家族のサポートと、新しいことに挑戦する会社のサポートをしっかりと両立していきたいと思います。

髙橋屋根工業株式会社イメージ4
  • 阿部 太一郎さん(41歳)
  • 出身地/石巻市
  • 趣味/スポーツ観戦

<会社概要>

髙橋屋根工業株式会社

  • 業種/建設業
  • 業務内容/総合屋根工事業、太陽光発電システム事業
  • 設立/昭和25年
  • 資本金/4,000万円
  • 代表者/髙橋 一美
  • 従業員数/29名
  • 所在地/宮城県石巻市蛇田字北経塚12-11
  • 電話/0225-22-8682
  • WEBサイト/http://www.t-roof.com/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

髙橋屋根工業株式会社イメージ5

屋根は目立ちませんが、家のイメージや耐久性・快適性に影響する大切な部分です。そのため、形やデザイン、カラー、性能、機能など、さまざまな視点から提案できる点で実に奥が深い部分です。自分の作品として何軒残していけるか。そのような屋根の面白みを理解し、責任感と誇りを持って取り組んでいただける方を歓迎します。屋根の上という通常とは違う仕事なので、チャレンジ精神のある方、共同作業であり、お客さまに寄り添って仕事を進めるため、コミュニケーションをとるのが好きな方が向いていると思います。

代表取締役
髙橋 一美さん