雪ヶ谷精密工業株式会社

ハンドメイドと一貫体制だから生まれる、
高度な性能と多様化した技術

専務取締役 菊田 芳政さん

当社は小規模一貫体制で医療用治療椅子の製造を行っている会社です。量産品を安くつくることが市場の目的だった時期が長くありましたが、時代は急速に変化してきました。時代の要求や、顧客のニーズを盛り込みながら、ハンドメイドと一貫体制でひとつひとつの製品をていねいにつくる、というのが当社の特徴であり強みだと考えています。
主力の製品は耳鼻科の治療椅子ですが、各メーカーから高い評価をいただき、全国に約8000あるといわれる耳鼻科の多くの診察室で、当社が生産した治療用椅子が使われています。
一貫生産のメリットは、たとえば、当社には設計部門があり、ご要望をいただけば、電気や構造など機能的な部分の設計から行うことができます。さらに機械加工、部品検査、塗装から組立部門と、それぞれに特化した技術集団が熟練の技と最新の技術で仕事に取り組んでいます。これら、複数の工程を社内で行っているため、部門間の情報交換が密接で、課題の共有や問題解決が迅速に行えるのです。「こうしてほしい、こういうことができないか」といった顧客のさまざまな要望に、安全性に最大の配慮を払いながら、柔軟に対応することが可能なのも自社一貫生産の体制だからこそです。ハンドメイドによって生み出される製品は流れ作業とは違って、堅牢で長持ちすると言っていただくことも多く、ものづくりに関わる企業としては誇らしく思います。実際に医療現場から、もう部品を製造していないような古い椅子の修理を依頼されることもあり、その場合は可能な限り修理しています。
2020年には創業60週年を迎えます。長年蓄積した技術で安定した高品質の製品を提供しつつ、「一般医療機器製造業」の許可を有する企業として、さらなる時代の変化や日々進歩する医療現場の要求にも応えられる会社であり続けたいと考えております。

部品製造加工の機械操作については、未経験の方でも丁寧に教えられる体制があります。

医療用の治療椅子を気仙沼でハンドメイド製造★技術力を強みにしています。

東日本大震災後、2013年に新しく本社工場が稼働しています。

中堅社員が語るキラリVOICE

2012年に入社しました。それまでは石巻市で仕事をしていたのですが、東日本大震災の後、一人で暮らしていた気仙沼の母のところへ戻って仕事を探しました。気仙沼は水産業が中心なのですが、その中でこの会社は、精密機械、それも医療機器をつくっているということで興味を持ちました。実際に入ってみると、自社で一貫して完成品まで作っているので、自分がどういう仕事をしているのかが分かって、とてもやりがいがあると感じています。
自分の担当は、組み立てで、各部門が技術を結集して作り上げてきたものを形にする最終段階です。医療用のイスは患者さんが直接座るものなので、不快な音や振動がないように、細心の注意を払って調整を繰り返しながら組み立てています。最初は、先輩に教わった通りに作業していましたが、一人で任せられるようになって、責任と自信が感じられるようになりました。最終の検査に通ってほめられると、自分の進歩が実感されてうれしいです。入社したときは20代は自分一人だけだったので、分からないことはなんでも聞いて教えてもらうようにしました。先輩たちは、みんな職人集団なので自分の仕事にプライドをもっていて、そこがかっこいいなあと思います。今は、後輩が入ってきたので、自分は間に入って世代的なギャップを埋める役割かなと思っています。もっと技術を磨いて、頼りになる先輩になって、若い人たちを引っ張っていける存在になれればいいなというのが目標です。

  • 岩渕 修一郎さん(26歳)
  • 出身地/気仙沼市
  • 趣味/ゴルフ、スノーボード

<会社概要>

雪ヶ谷ゆきがや精密工業株式会社

  • 業種/精密機器
  • 業務内容/医療機器製造、機械設計、切削加工、部品塗装
  • 設立/昭和35年
  • 資本金/2,100万円
  • 代表者/菊田恵子
  • 従業員数/23名
  • 所在地/宮城県気仙沼市赤岩長柴8-1
  • 電話/0226-23-1085
  • WEBサイト/http://www.yukigaya-seimitsu.com/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

ものづくりが好きな人。経験がなくても、仕事をしながら技術を覚えていけばいいので大丈夫です。社内で完成品までできるので、部品加工だけでは得られない達成感ややりがいが感じられると思います。これからの時代にいっそう必要とされる医療用椅子の分野で高いシェアを誇っている会社です。いっしょに、長く仕事をしていける人材を求めています。

専務取締役
菊田 芳政さん