株式会社ヤマウチ

「クリエイティブ」な感覚を大切に、
水産加工業の働き方を変える。

取締役 山内 淳平さん

当社は南三陸町で生まれ、今年で創業69年を迎えました。現在、「鮮魚店」と「水産加工 製造・卸し・販売」と「通販」の3本柱で事業を展開しています。商品は南三陸産を中心に一級品にこだわり、添加物等を一切使わず、獲りたてのおいしさをそのまま提供しています。中でも、他社に先がけて開発した「食べきりサイズの焼き魚パック」は、全国的なヒット商品となっています。当社の商品は、東北地区でトップクラスの販売実績をもち、近年では、広く海外にも輸出しています。
仕事内容は、商品の開発から、広告の企画・制作、通販サイトの運営までを全て自社で行なっています。社内の業務管理も自社開発のアプリで効率的にシステム化した結果、効率が上がり、残業がほぼゼロになりました。
営業はノルマや飛び込み営業などはありません。お客様と直接つながるコミュニュケーションを大切に、もっと「喜んでいただくには」、「必要とされるには、どうするか」をみんなで話し合う。やりがいをもって実践していく体制を確立しています。
水産加工業は「働く環境が厳しい」と言われますが、当社は福利厚生に力を入れており週休二日を実施。事務系で年間93日、工場は103日の休みがあります。また、半日単位でとれる有給制度を設け、お子さまなどの都合で休めるようにしました。これからの企業は社員を大切にしていかないと生き残れないという思いがあります。特に人口減が進む地方では、きちんとした組織づくりをしていかないといけない。そういう観点から、従来の水産加工業界の常識をくつがえす、新しい環境づくりに積極的に取り組んでいます。

株式会社ヤマウチイメージ1

通販・営業オフィス。

株式会社ヤマウチイメージ3

工場内。焼き魚のパッキング室。

中堅社員が語るキラリVOICE

南三陸町に生まれ、しばらく首都圏で仕事をし、Uターンしてきました。地元の大きな企業で正社員として働けるのは嬉しいですね。営業職ということもあり、当初は飛び込みセールをするのかと不安でしたが、それは一切ありません。展示会や商談会など、お客様とコミュニュケーションを図りながら、商品力で販路を広げていくという方針です。水産業は南三陸町の主要産業。地元の産品を発信し、それをきっかけに全国の人に南三陸を知ってもらうことは、私のやりがいとなっています。結果として、町の復興にも役立っていると感じています。
社内はアットホームで、みんな「地元を盛り上げていこう」という気持ちを持った人ばかり。いろんなことにチャレンジできる環境で商品開発に関わるなど、仕事の幅も広げています。また、残業もなく、自分の時間もたくさん作れるので、会社帰りに趣味の釣りを楽しむなどプライベートも充実しています。
恋人は神奈川の出身で、震災時にボランティアで南三陸を訪れ移住してきました。「こちらの人はみんな親切な人ばかり。住み続けたい」と言ってくれています。これからはいっしょに南三陸を盛り上げていこうと思っています。

株式会社ヤマウチイメージ4
  • 佐藤 一也さん(26歳)
  • 出身地/南三陸町
  • 趣味/釣り

<会社概要>

株式会社ヤマウチ

  • 業種/その他専門店・小売、通信販売・ネット販売
  • 業務内容/地元南三陸を中心とした海産物の販売、水産加工品製造販売、酒類販売
  • 設立/昭和63年
  • 資本金/2,000万円
  • 代表者/山内 正文
  • 従業員数/43名
  • 所在地/宮城県本吉郡南三陸町志津川字御前下20-6
  • 電話/0226-46-4976
  • WEBサイト/https://www.yamauchi-f.com/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社ヤマウチイメージ5

「クリエイティブ」な感覚を大切に、自分で考え、動ける人を求めています。営業はノルマなどがありません。展示会や商談会などに参加し、お客様とふれあい「商品を販売する喜び」を感じられる仕事です。たくさんの社員と共に商品開発や販売計画にかかわってもらいますので、コミュニュケーション力も必要です。分からないことは素直に聞き、そして自分で学ぶ姿勢が大切ですね。南三陸には U ターン者も多く、地方の考えにとらわれない若者も増えています。お気軽に連絡ください。

取締役
山内 淳平さん