株式会社ヤマナカ

これまでの水産加工業界にない流通の形をつくり、
新たなビジネスモデルで地域の課題解決に挑む。

代表取締役社長 髙田 慎司さん

寒流と暖流がぶつかる三陸海岸は、世界三大漁場として広く知られています。当社は、この豊かな海が育むホヤ、ホタテ、カキを扱う水産加工のベンチャー企業です。東日本大震災では工場が壊滅状態になりましたが、いち早く営業を再開し、宮城県の漁業復活の起爆剤的な役割を果たしました。しかし、その後、ホヤは韓国の輸入規制の影響もあり苦境に立たされ、牡蠣も生産量が震災前の3分の1と伸びず、さらに国内マーケットは縮小傾向にあり業界の衰退も懸念されます。これらのリスク回避のため、また、恵み豊かな漁場を衰退させないため、当社では、既成概念にとらわれない新たなビジネスモデルの創出が必要と考え、「MARINE×INNOVATION」を掲げ、サスティナブルな流通の仕組みづくりへの挑戦を続けています。特に近年は海外輸出に注力し、漁協を通さないダイレクトな取引により生産者とより近い貿易を展開しています。例えば、カキの場合、日本では夏場は敬遠されますが、シンガポールでは1年中食されます。日本ではむき身が主ですが欧米では殻付が常識です。そのため、殻付きカキが周年消費される海外市場に突破口を開く戦略を展開し、東南アジアなどとの取引を始めました。この結果、4月以降は収入が途絶えていたカキ生産者は収入が得られ、生産量の増大に結びついています。私どもは、流通側から一次産業の活性化にチャレンジしています。自らプロモーションを行わない大手商社と異なり、現地に出向いてイベントを行い、市場を掘り起しています。従来のやり方に頼らない全く新しい流通システムの展開こそが、地域の産業の課題を解決する手段なのです。
当社の仕事は上から事業計画を与えるのではなく、自ら計画を組み立て、調査をし、資料を作り、海外へ運んで取り引きへと導いていきます。そのため裁量権の大きさ、仕事の幅の広さは想像以上です。最新の工場における徹底した衛生・品質の管理のもと、高品質の商品をこれまでにない流通のかたちで発信し、地域の課題解決に貢献していきましょう。

株式会社ヤマナカイメージ1

急速冷凍した殻付牡蠣を東南アジア中心に輸出。

株式会社ヤマナカイメージ2

本社工場は米国HACCP 認証取得、衛生に配慮して稼動している。

株式会社ヤマナカイメージ3

諸外国への輸出に向けて、事務所では世界の時刻を見ながら業務を行っている。

中堅社員が語るキラリVOICE

東京の経営コンサルタント会社に勤めていましたが、東北の産業を盛り立てたいとの思いで入社しました。大学で経営学を学び、海外との関わりの重要性を感じていたので、ヤマナカの事業方針に共感したこともあります。現在、会社の体制整備などに取り組んでいますが、輸出案件のサポートにも携わっています。三陸地方は水産資源が豊富でありながら、それを生かしきれていません。 我々の仕事一つひとつが生産者に利益をもたらし、地域の元気につながることを考えるとやる気がでますね。
当社の特徴は社員の裁量権が大きいことです。しかし、人数が少ないので個々のやり方が会社の業績にダイレクトに影響します。それだけに緊張もしますがやりがいも感じます。 当社はベンチャー企業なのでどんどん挑戦しないと淘汰されてしまいます。私もいろいろなことに挑戦し、会社の成長を支え、ひいては地域の役に立っていくことを目標としています。一方で、これからの地方の中小企業には事業体力が不可欠です。そのためには企業間の連携を深め、協力し合う必要があります。今後、私自身が何らかの形でその役に立っていくことができたら、とも考えています。ヤマナカはとても面白い会社です。自分で形にしたいことが実現しやすい会社です。「こういうことができたらいいな」となると、「それならやってみよう」という社風です。大きな夢を持ってきてください。

株式会社ヤマナカイメージ4
  • 千葉 賢也さん(29歳)
  • 出身地/宮城県石巻市
  • 趣味/お城めぐり

<会社概要>

株式会社ヤマナカ

  • 業種/メーカー
  • 業務内容/食料品輸出入業、水産加工品製造業
  • 設立/平成20年8月
  • 資本金/1,600万円
  • 代表者/髙田 慎司
  • 従業員数/38名
  • 所在地/宮城県石巻市幸町1-38
  • 電話/0225-24-3373
  • WEBサイト/https://www.yamanaka.co/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社ヤマナカイメージ5

世界を舞台に、新たなマーケットを開拓するためには、既存の流通、生産システムにこだわらない、型にはまらない、ゼロから出発できるクリエイター的な感覚を持っている人がふさわしいと考えています。最新の情報をもとにスピーディに、大胆に行動する、そんな熱気とやる気のある人ですね。当社は既成概念にとらわれない「ぶっ飛んだ会社」ともいえます。自分流のやり方、持っていき方を駆使し、今までの流通あり方を考え、変えて、いっしょに地域をいきいきとさせましょう。

代表取締役社長
髙田 慎司さん