有限会社山藤運輸

自律分散型社会システムの構築で
地域の産業振興を生み出し、
南三陸町を持続可能な未来社会へ。

代表取締役 佐藤 克哉さん

弊社は、産廃物の運搬から建設現場での土砂運搬、宅配便や引っ越しサービスまで幅広く物流を手掛けていますが、特に、持続可能な社会を構築するための事業に力を入れています。南三陸町が進めている「バイオマス産業都市構想」に共感し、地域主体で新しい産業を興したいと思いました。
まず、バイオガス事業に参画し、汚泥の運搬とバイオガス事業でできる液肥の散布を行っています。農地に液肥を撒く散布車は、普及啓発のデモカーとしても生かしたいと考え、資源循環キャラクターの4コマストーリーを描いたデコレーションラッピングをしました。この車で液肥を散布するだけでなく、小学校に出かけて学習会を行っています。紙芝居で資源循環学習を行った後、散布作業担当スタッフが散布車に乗って登場するんです。散布作業戦隊ヒーローをイメージさせる「散布マン」として、資源循環事業のPRをします。今や散布マンは子どもたちが憧れるヒーローですよ。また、この液肥散布事業から、農作業の補助事業も始めました。南三陸町では兼業農家が多く、専業農家も高齢化が進んでいるので、トラクターを購入して農作業代行も手掛けることにしたんです。こうしてできた農作物は、循環ブランド野菜として販路を広げていくつもりです。
さらに、木質ペレット事業にも本格的に取り組みたいと考えています。現在、間伐材を利用した木質ペレットを病院や役場などに納品する事業を行っているのですが、その木質ペレットは県内のペレット工場で作られています。町内にペレット工場があれば、地域内で資源を回すことが可能です。木質ペレット工場を立ち上げについても検討しているところです。
運送事業は、全ての産業に関わり人を繋ぐ、無限の可能性を備えています。眠っている地域資源を掘り起こし、農業や林業を活性化させ、新たな産業を生み出すこともできます。地域の人々とのつながりを大切にし山里を豊かにして、南三陸町を子どもたちが安心して暮らせる町、未来に希望を持てる町にしたい。そのために、これからも事業展開をしてゆきたいと考えています。

間伐材を利用した「木質ペレット」は役場や病院に納品しています。

宮城県沿岸エリアの地域生活を支えています。

事務所内にはいつも笑い声が絶えない

中堅社員が語るキラリVOICE

今年で入社5年目になります。以前は印刷工場で働いていましたが、震災後に生活を立て直すため、収入の多いこの仕事に転職しました。大型免許は持っていましたが運送業に就くつもりは全くなく、最初は不安でした。私の場合は、最初の一週間はダンプでがれき処理の仕事をして、大型車に慣れてから公道に出ました。このように段階を踏んで仕事をさせてもらえるので、初心者でも無理なく大型車を扱えるようになります。現在は、「散布マン・レッド」の仕事が中心ですが、ほかにクレーンの仕事をしたり、2トン車でお中元やお歳暮を運んだり、フレキシブルに動いています。重機の免許は入社後に取得しました。
バイオマス事業で生産した液肥を地元の農地に撒く「散布マン・レッド」の仕事は、手探りで始めました。散布車は日本に4台しかない車なので、操作方法を誰も知りません。弊社の駐車場で1カ月間水を撒いて練習しました。もうすっかり慣れましたが、バルブの調節の感覚を掴むまでが大変でしたね。今では「散布マン」が増えて、7名ほどいるんですよ。今年は「散布マン」のコスチュームを作ろうと計画しています。
弊社の一番の魅力は、社内の雰囲気が良いことです。むやみに自己主張する人がおらず、相手のことを考える、思いやりのある人ばかりです。また、個人の事情を配慮して休みを取らせてもらえるのも、ありがたいですね。先日、私は10日間の産休を取りました。妻が帝王切開で出産したため、8歳と1歳の娘の面倒を見なくてはならなかったんです。男性で、しかもこの業種で産休が認められるというのは、珍しいと思います。弊社は、和やかな雰囲気で、働きやすく、そして、楽しく仕事ができる職場です。

  • 森谷 和幸さん(33歳)
  • 出身地/宮城県
  • 趣味/釣り

<会社概要>

有限会社山藤やまふじ運輸

  • 業種/運輸
  • 業務内容/一般貨物自動車運送業、産業廃棄物収集運搬業、軽貨物自動車運動事業、古物商
  • 設立/昭和63年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/佐藤克哉
  • 従業員数/30名
  • 所在地/宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田141-3
  • 電話/0226-46-5825
  • WEBサイト/http://yamafuji-unyu.com/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

「本気で南三陸町のまちの未来を形作る志向」がある人です。今後も南三陸町の未来を考えた事業を多角的に展開してゆくので、将来の社会に対する明確なビジョンや、まちづくりに対する志を持った人材が必要です。多岐にわたる事業のどの事業の根幹にも携われる人、私の右腕となって経営に携われる人、新規事業を主導するブレーンのような人など、意欲と才能に溢れる人材を求めています。

代表取締役
佐藤 克哉さん