株式会社東部環境

廃タイヤリサイクル事業を
ベースに環境ビジネスで、
地域貢献します。

代表取締役 工藤 豊和さん

食品卸業のバイヤーから転じて廃タイヤのサイクル業を起業したのは平成12年、34歳の時でした。私を含め2名の従業員からのスタートです。全くの素人でしたが、当時廃タイヤの焼却によるCO2の発生や不法投棄などが社会問題化しており、きっと社会の役に立つのではないかと考えました。
当初は廃タイヤの収集業務のみで、カーディーラー、タイヤ販売店、自動車整備工場から処理費用をもらって集め、中間処理場に持ち込むという業務です。後発だったので宮城県、福島県をテリトリーに、少量の廃タイヤでも、回収するというスタイルで対応したことが後の業域拡大に役立つことになります。
収集運搬だけだとコストがかかります。折しも廃タイヤが石炭等の代替燃料、いわゆるサーマルリサイクルとしての利用価値の高まりを見せ始めていた時期でした。収集だけでなく、処理、燃料として出荷するまでのワンストップのシステムを立ち上げたいと考えるようになりました。アルミホイールがついたままのタイヤでもホイールを抜いてプレスすれば金属スクラップとして商品になります。工業専用地域に4,000m2の用地を確保し、創業から3年目の平成15年に中間処理業の許可を取得し、工場を稼働することが出来ました。
当社は太平洋沿岸部に面している立地のため3.11の東日本大震災では被災し、工場が大きな被害を受け陸の孤島となりましたが、車両通行が可能になった後、社員全員で復旧作業に取りかかり、10日という驚異のスピードで再開にこぎつけました。震災後のがれき処理で『顧客・社会に貢献』しようとする社員の意気込みの表れです。私は、この時ほど自分の社員に誇りを持ったことはありません。
震災を機に、単なるリサイクル業から一歩進んだ環境ビジネスにチャレンジすることになります。被災した大河中学校跡地に立ち上げた太陽光発電事業、その電力を活用した植物工場、風力発電事業(秋田)です。
これからも私共東部環境は、利益のみを追求するのではなく、『感謝』の気持ちをもって少しでも社会貢献できるよう、事業に取り組んでいきたいと強く思っています。

廃タイヤも資源の山。

うず高く積まれたアルミホイール。

メガソーラーと植物工場、風力発電装置。

中堅社員が語るキラリVOICE

埼玉の大学を卒業後Uターンで宮城県に戻り、金融機関勤務を経て、地元大手学習塾本部の総務・経理・人事と外部との折衝を担当していました。その後その関連会社のエリアの責任者を経験しました。
その後、起業を目指すためその会社を退職。どんな業種で起業するかという方向性は見えてきたのですが、その間手伝っていた会社で工藤社長と知り合い現在に至りました。今年1月に入社したばかりですが、現在これまでキャリアと同様、管理部門全体を担当しています。
この会社の魅力は、ユニークで、熱血漢で、泥臭い(?)工藤社長のキャラクターと風通しが良く自由度の高い社風にあります。いい会社です。
中間処理施設を持つ廃タイヤリサイクル業としては、既に東北でも大手といえますが、リサイクル事業、特に廃タイヤのリサイクルは、車社会が続く限り大きく市場が縮小することはないと考えられますので、伸びしろの余地の大きい会社と考えています。
大きく飛躍するために、風通しの良い社風は残しつつ、規模に見合った新たな組織づくりが必要と考えていますが、兼ね合いが難しいところです。
目下、事業の流れを把握するので精一杯ですが、なるべく早く会社に貢献できるように頑張りたいと思っています。

  • 総務部長
    阿部 晋也さん(42歳)
  • 出身地/宮城県石巻市
  • 趣味/ブラックバス釣り

<会社概要>

株式会社東部環境とうぶかんきょう

  • 業種/廃タイヤリサイクル業
  • 業務内容/廃タイヤ等廃棄物の収集運搬、廃タイヤ中間処理、非鉄・金属のリサイクル、水耕栽培、太陽光発電、風力発電
  • 設立/平成12年
  • 資本金/2,000万円
  • 代表者/代表取締役 工藤豊和
  • 従業員数/65名
  • 所在地/宮城県東松島市大曲字南浜1番地4
  • 電話/0225-84-3055
  • WEBサイト/http://www.tobukankyo.com
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

当社も環境ビジネスもこれからさらに成長します。言い換えれば一緒に発展させる楽しみがある会社です。頑張れば頑張った分だけ評価される風土があるので、同業他社に比べ若い社員が活躍している会社だと思います。「感謝」の気持ちを忘れない謙虚な人、失敗してもくじけない人、なによりも人と接するのが好きな人。こんな人なら当社で活躍できる場所がきっとあります。

代表取締役
工藤 豊和さん