東北ボーリング株式会社

働き方改革で
社員の活躍を後押し!
地域貢献を目指す地元企業。

代表取締役社長 熊谷 茂一さん

弊社は昭和22年に仙台市内で東北鑿井工業所として創業以来、温泉・水井戸などの地下水開発、地すべり対策工事、土木・建築構造物の基礎地盤調査の業務に取り組んでまいりました。今年創業71年を迎えましたが、その間に4,000件以上の井戸新設工事に携わってきました。こうした井戸は老朽化に伴い揚水量の減少、地下水位の低下等の機能障害が起きます。今後は限りある資源を有効利用するため、井戸の再生を図るメンテナンス業務を加速し、設備の更新から維持管理方法まで提案していきたいと考えています。また新たな技術開発にも積極的にチャレンジし、地下水や下水道などの熱を利用した「熱源及び循環水熱交換システム:特許第6349078号」を開発し、駐車場などの融雪に役立っています。さらに民家の井戸を使い、屋根の融雪に応用できるような実験にも着手し、時代の変化に迅速に対応できる技術を提供するため、たゆまぬ努力を続けています。
私どもの会社は地元の会社ですが、毎年快適職場に関するアンケートを実施し、若者や女性、シニアも働きやすいように働き方改革にも取り組んでいます。具体的には隔月に開催する「安全衛生サークル委員会」で、時間外労働の削減や有給休暇の取得促進のために知恵を出し合っています。これまでに産休・育休取得の実績もあり、離職率も低くなっています。
また、会社の業績を見える化し、毎月の受注、売上や利益等を社員全員が見られるように、社内ネットワークで開示しています。将来について、私は会社の規模だけ大きくすることを目指していません。オンリーワンの技術で地域に貢献し、「この会社があってよかった」と必要とされる、そんな会社が100年先も続けばよいと考えています。実際、震災前に市内の5つの小学校に手押しポンプの井戸を寄贈し、震災時に役立てることができました。会社敷地内にも井戸がありますので、災害時には地域住民の方々に開放する予定です。地域に貢献するため、まずは社員が充実して働けるように環境を整え、お客様の笑顔につながるよう努力していきたいと考えています。

東北ボーリング株式会社イメージ1

ボーリングコア試料の観察風景(技術部)。

東北ボーリング株式会社イメージ3

井戸内部を撮影した映像を確認し、施工方法の検討状況 (水事業部)。

中堅社員が語るキラリVOICE

地元の高校から仙台の大学に進学し、土木工学科で地質や土質について学びました。そのことを活かせる会社を探していたときに、仙台では東北ボーリング株式会社が最先端のことに取り組んでいると知り希望しました。主な担当は地下水開発になりますが、勤続13年になり、営業から計画、起案、施工、工事まで、「1ストップサービス」として工程すべてに携わっています。作るものは1つとして同じものはなく、お客様の要望に沿うよう形にしていくので、苦労や難しい面もあります。それでもできあがったときには何事にも代えがたい喜びがありますね。またあるお客様が東日本大震災で被災され、工場再開に向けて連絡をいただいたとき、「これがあったから連絡できたよ」と津波に流された私の名刺を見せてくれたことがありました。お客様との信頼関係の大切さや仕事のやりがいを感じる思い出のひとつです。
現場管理が主な仕事ですが、社内で書類作成の仕事をすることもあります。社内はとてもアットホームな雰囲気で、現場から帰ったときに上司や仲間に遠慮なく相談できる環境。社長からも親身になって話していただけることもあり、私にとって居心地の良い職場です。また会社で働き方改革に取り組んでから、以前より働きやすくなりました。週休2日制に加え他社と同等かそれ以上の年末年始・夏季休暇があり、さらに年次休暇として年間で5日間を必ず休むことになっています。社内も休暇を取得しやすい雰囲気なので、有給取得率もあがっています。しっかり休めるので、心身ともにリフレッシュして仕事にのぞむことができますね。
これからは地下水開発とは違った分野で活躍するのが目標です。まだその分野も模索中なのですが、お客様の要望に応えられるよう、新規の案件にもチャレンジしていきたいと思っています。

東北ボーリング株式会社イメージ4
  • 根本 芳治さん(35歳)
  • 出身地/茨城県
  • 趣味/子どもと遊ぶ

<会社概要>

東北ボーリング株式会社

  • 業種/建設関連業
  • 業務内容/地下水の調査と開発、水源井・温泉井の施工・メンテナンス、水処理施設の計画・施工、地すべり調査、対策工設計・施工、地質土質調査、土壌汚染調査、地下水汚染調査、測量、土木設計
  • 設立/昭和22年
  • 資本金/4,600万円
  • 代表者/熊谷 茂一
  • 従業員数/48名
  • 所在地/宮城県仙台市若林区六丁の目元町6-8
  • 電話/022-288-0321
  • WEBサイト/https://www.tbor.co.jp
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

東北ボーリング株式会社イメージ5

入社後は半年の研修を経て現場に出てもらうので、まずは好奇心や意欲を大切にしたいと考えています。お客様にとってこの仕事はどんな過程で必要になり、その成果をどんなふうに使いたいのか、お客様の価値観を第一に考えてほしいと思っています。さらに自然相手の仕事でもあるので、気力と体力を持っているといいですね。資格取得支援制度などのバックアップやお客様とのやり取りを通して、仕事のスキルも人間としても成長できる環境が整っていると思います。

代表取締役社長
熊谷 茂一さん