株式会社タケダ

口コミでじんわりと広がったのは
信頼と実績があればこそ。
今後は地域貢献的な展開も。

代表取締役社 武田 満さん

業種でいうと健康食品販売業になります。三重県伊賀市に本社のあるニチニチ製薬株式会社で製造しているサプリメント商品だけを扱う販売代理店です。この会社の東北支社を兼務してますが、弊社に仕入れ先である製薬会社の資本は入っておりません。
何故代理店を始めたかというと、製薬会社の方から「やってみないか」というお誘いがあったからです。実は以前、私の母が大病を患い、余命いくばくもないと宣告された時、たまたま知人からの勧めでとあるサプリメントを試したら、みるみる症状が回復して、今では弊社で仕事ができるほど元気になったんです。そうしたら今度は母が周囲の友人や知人にそのサプリメントを勧めだして。人は自分の健康が戻ると、他人の健康を気遣うようになるんですね(笑)。当然反応は良いわけですよ。他にも、母が回復した実例を見聞きされた方々がそのサプリメントが欲しいとなって、母の周辺で局地的に売れ始めたわけです。そこで製薬会社の方から代理店の話しが来て、昭和62年(1987年)に会社を興した、という流れです。口コミで広がった信頼性を弊社は重要視していますので、今でもニーズのある方々にしか販売しておりません。
代理店の依頼は、母によると2回も断ったそうなんです。素人衆ばかりでは医学的専門分野の説明はできませんからね。「商品説明会には製薬会社から専門家を派遣する」という条件で起業したのですが、こうした慎重な対応はやっておいてよかったと思います。現在でも「医療専門家がサプリメントの使用方法や、病気への向き合い方について、しっかり説明する」場を設けています。
今後は新たな展開を2つ考えています。1つは、このサプリを養殖魚などに与えてより高品質な、例えば「宮城県のブランド魚を作る」といった地元にも貢献できる事業です。もう1つは法人向けのPRを行い社内の健康管理に役立てて貰おう、というものです。前者は既に石巻専修大学との共同研究も進めていますし、自分でもこれからが楽しみです。

弊社30周年記念講演会。

弊社オリジナル商品「プロテサンゴールド」。

本社。

中堅社員が語るキラリVOICE

私はこの会社ができてすぐの頃からおりますから、勤続年数はかれこれ30年ほどになりますね。弊社に来る前は東京の病院で助産師を4年間程やっておりました。弊社を興してから、社内に常駐の医療専門家がいた方が良いとなり、現会長の親戚だった私に声がかかったんです。私は女川の出身なのでこちらは地元と言えば言えなくもないですし、では帰ろうかなと。なので、担当業務はこの30年間ずっと「お客様相談室」の相談係りです。
ここには、いろいろな病院に行ってもダメで医者に匙を投げられた、とか、民間治療を試してみたけどどれも効き目ナシ、という方が万策尽き果ててご相談にいらっしゃるわけです。そういう方の症状や、どういう治療を受けて何を服薬しているか、といったお話しを伺いながら、「これは処方されているお薬と一緒に服用しても大丈夫ですよ、何故ならこのサプリメントは・・・」という形で、お客様が納得されるまで受け答えをします。今でこそテレビでも「自律神経が」とか「骨粗しょう症が」なんて言葉が出て来ますけど、30年前は病名や症例の名称は世間には殆ど浸透していませんでしたから、説明するのは大変でした。また、ご本人は知らなくても、ご家族には病名の告知があった、なんていう場合もありますし。
結果的に弊社の販売商品をご使用いただいて、遂には健康を取り戻せた方々にまたお会いできたり、だんだん回復しているよ、なんていう報告をお聞きしたりすると、心の底から「あぁ、よかったなぁ」と思いますね。

  • 三浦 和子さん
  • 出身地/宮城県

<会社概要>

株式会社タケダ

  • 業種/食品卸・販売業
  • 業務内容/乳酸菌「FK-23」の販売・卸
  • 設立/昭和62年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/武田 満
  • 従業員数/9名
  • 所在地/宮城県石巻市中里2-5-18
  • 電話/0225-22-8686
  • WEBサイト/http://takeda-protesun.co.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

現在募集している職種は「お客様相談係り」と「法人向けの営業マン」です。前者は医療系の専門知識のある方、もしくはそういった勉強をされた方で、実際に病院などでの勤務歴のある方は歓迎します。後者は文字通りしっかりと営業の出来る方で、当分は社長の業務フォローをしていただきます。海外進出も考えていますので、やり甲斐は充分だと思います。

取締役副会長
武田 豊美さん