株式会社孝州

青果物の提供・提案で
一番お役に立つ、
「地域一番」を目ざして。

代表取締役 前澤 亘さん

株式会社孝州は、昭和21年の創業以来、業務用青果物に特化した卸・販売を行っています。当社は「地域一番」を目指していますが、業界のトップに立つことではなく「一番お役に立つ」ことを意味しています。これは創業時から掲げており、主要な顧客や商売の環境は変化しておりますが、今も変わらない当社の理念として、企業・社員の根幹に根付いています。
お客様から、欲しいものを、欲しい分だけ、という依頼を受け、それを最良の形でお届けすることが当社の役割です。業務としては、産地状況や商品・相場など多角的に情報を把握しながら、お客様に適切な状態での食材提案・提供を行っています。
農家さんが作った食材を破棄することなく、最後まできれいに食べていただくため、どんなマネジメントをして、「最高」「最良」「最適」な状態でお客様にお届けすればいいかを日々考えています。お客様が求める食材の入荷が無い時でも、メニュー内容や栄養価の観点から代替品を考え、お客様の製造・販売をサポートできる社員がいるのも当社の強みです。飲食店等が新しい店舗展開やメニュープランづくりに着手する際も頼りにして頂いており、単純な「食材・メニューの提案」では無く、どんなメニューでお客様に何を訴求するのか、という「価値」を提案することができます。
また、お客様である飲食店等からは、青果だけでなく合わせて肉・魚・加工品等様々な食材のニーズを伺います。当社からメニュー等を提案する際も、青果物以外のものも組み合わせることもあります。そのような場合、肉ならA 社、魚ならB 社等、紹介や情報交換が可能で、信頼関係をもった地元の事業者との協業関係も当社の強みです。仙台の同業者が役割を分担し、それぞれが得意な分野でお役に立っていくことで、仙台の業界全体が発展していくことを望んでいます。
青果流通業は、地域密着型で人と人のつながりが基本にあるため、自動化や効率化が難しい産業だと思います。そのような中、当社では加工・保存・配送技術などの基盤整備を充実させる一方、対面スキルや自己啓発、ライフデザイン等、社員のヒューマンスキルの向上のための研修も実施しています。

株式会社孝州イメージ1

当社の配送車は全13台が冷蔵車です。
仙台の街中を日々疾走中 !

株式会社孝州イメージ3

低温倉庫で品分けも行うため、お客様に届くまで、確実に鮮度が保持されます。

中堅社員が語るキラリVOICE

総務・経理を担当していますが、全く別の業界からの転職です。総務というと事務的な雑用のイメージが強いですが、ここでは違います。業務が効率的に回るように発注していただいたお客様と現場との媒介の役割が求められます。入社当初は経験も知識も無く「私には無理」と思ったのですが、上司から、出口が大事で答えさえ間違えなければ、プロセスは自分が一番良いと思う方法でやりなさい、といわれて安心しました。
人と人とのやりとりですから、思い違いや聞き違いもありトラブルになることもあります。1+1が決して2になるわけでもありません。そんな時は上司に「私はこう考えていますが、どのようにしたらいいか」と率直に相談しています。それに対して適切なアドバイスをもらえる環境があります。仕事の目的を理解し、プロセスは自分なりに自由に組み立てることができるので、やりがいがあります。
この仕事に携わって、今までは相手の言葉だけを捉えて返事をしていたのですが、その言葉の裏にある思いなどまで理解するようになりました。それはプライベートな付き合いにも生きています。そういう意味では、人間的な幅が広がったかな、と感じています。

  • 総務担当社員
  • (30歳代・女性)

<会社概要>

株式会社孝州

  • 業種/野菜果物の卸売業
  • 業務内容/業務用野菜の配送
  • 設立/昭和21年
  • 資本金/3,000万円
  • 代表者/前澤 亘
  • 従業員数/38名
  • 所在地/宮城県仙台市青葉区錦町2丁目3番8号
  • 電話/022-222-9633
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

株式会社孝州イメージ5

会社の事業をもって個人の自己実現を目指せる人。スキルアップも、人間として成長もできる人と働きたいですね。人はそれぞれに個性を持ち、得意分野や特技があります。会社もその特性を伸ばす機会を与えていきたいと考えています。例えば栄養士の資格があれば、食全体の管理もお客様に新しい食の提案もできます。提案型の営業もできます。この仕事しかできないという考えから飛び出してもらいたいですね。仕事を通じて学んだことを活かして、いろんな角度からイノベーションに挑戦する、そんな人材を求めています。

代表取締役
前澤 亘さん