株式会社髙橋徳治商店

作り手のメッセージを込めた「極まることがない食への希求」を無添加練り製品で伝え続ける。震災後を生きながら、新たな復興ステ-ジを目指して。

代表取締役 髙橋 英雄さん

当社の創業は明治38年、業種は「魚肉練り製品水産冷凍食品の製造・販売業」になります。水産加工品をメインに、60年前に練り製品製造を始めました。以前は大手の請負もしていましたが、コストを下げるために合成添加物を何の疑いもなく多用する市販品の現状に疑問を感じ、学校給食の受注で出会った栄養士さんや生活協同組合との出会いから、添加物の怖さを教わり、40年前、当時の市販品では無かった無添加練り製品の製造をはじめました。
無添加で製造するには、単純に添加物を排除するだけではうまくいかず、美味しいものができない、売れないという時期もありました。それでも、経済優先でなく、作り手の思いや環境・健康の問題を提起し、食べた人に感動を伝えられる本物の無添加に挑戦し、初めて添加物の一切無い製品ができた出荷の時は大型トラックで一台、全社員が拍手し手を振ってトラックを見送りました。
今では生活協同組合をはじめ、無添加・自然食にこだわる販売先の方々に思いを共感いただき、全国の食卓に届くようになりました。生活協同組合とは、ただの取引の関係ではなく、消費者が食の奥深さに気づき、その背景にある水産資源や環境、食を餌化するごまかし食品の氾濫、価格形成も含め共に社会問題や持続的社会を考える消費者との関係をつくろうと、共に製品企画を続けています。
無添加で美味しい練り製品を生み出すポイントは「素材を愛し、素材を生かす」ことです。素材の味に勝るものはなく、当社は目利きが全て確認可能な100%国産の原料にこだわることはもちろんですが、加工で魚市場の魚介類など魚自体の味を生かすことに細心の注意を払い製造しています。毎朝全社員による試食を行い、味の確認をして特に震災後1600日を超えています。素材の力を引き出した練り製品を作るための味・品質の“口に入れ飲み込むまでの一品ずつの設計図”が、社員の肌に染み込んでメッセ-ジが感じられるようにとこだわりを超えています。天然物の原料との終わることがないせめぎあいが続いています。
東日本大震災では、当社も社員も大きなダメージを受け、生き方も変わったと思います。自分の生き方、会社の存在意味など三工場の惨状を前に再開は悩みました。震災前を越える組織になろう、震災前をはるかに越える食品を生み出していこうと、社員一丸となり、丁寧に無添加製品作りに取り組んで楽しく悩み、考えるスタッフが育っています。新工場では自家発電機と併用して売電しない太陽光発電を活用し、工場内外を精製井戸水で賄い食料なども備蓄し、地元の東松島市とは災害協定を結んで、非常時には近隣住民の避難場所として機能できるようにしております。この地で真に必要とされる会社になるため平成30年3月には野菜工場が立ち上がり、働く人は二-ト引きこもりの若者たち、全国でワーストワンの当地の不登校児の今の姿です。担うのは、直接間接被災したからこその温かさを持つ自慢のスタッフです。
まだ復興は道半ばですが、今だけ、自分だけ、お金だけといえるこの社会で、時代遅れかもしれませんが、ゆっくり、地域の力になり、笑顔になり、自ら光になる会社とスタッフとなれるよう、目指していきます。シンパシ-は震災を我がこととしている全国の皆さんに拡がっています。お互いにゆっくり素敵な関係に育てていきたいと思います。

ひとつひとつ丁寧に品質を確認しています。

被災した工場の鉄骨をそのまま移管したモニュメントと
宮城県内の生協からの基金で建てたレンズ風車。

震災後に建設した新工場。太陽光や井戸水を使い、環境にも配慮した工場で、非常時には避難場所にもなります。右下屋根は野菜加工工場です。

中堅社員が語るキラリVOICE

当社に入社したのは震災の後です。それまでは東京で不動産の仕事をしていました。私は社長の次男で、兄は震災の2年前に入社していましたし、親から継げとも言われてなかったので、石巻に帰ることは全く考えていませんでした。
震災直後、東京から実家に帰ってみたら、家や建物も驚くほどの惨状で、というよりも家族が本当に落ちこんでいました。今となっては、実家を離れ、こちらの内情をよく知らないからこそ言えたのでしょうけど、思わず「何を弱気になってんだ、頑張って再建しようぜ!」と言ってました。結局それがきっかけで、私も父や兄を手伝おうと決め、7月に当社に転職し、最初の三か月は瓦礫の撤去に明け暮れました。
その後は工場で2年間ほど働いて、今は営業の仕事がメインです。工場が忙しい時は工場にも入ります。当社では入社直後から数年間は必ず工場で働きます。営業するにも何をするにも、自分たちの商品がどのように、どんな想いで作られているのか、しっかり認識できていなければ相手には伝わりませんよね。
私個人としては、現状は「B to B」なのでいつかは「B to C」の商売もしてみたいですし、情報システムを整備してもっと自社商品のPRにも力を入れたいですね。それと、商品ラインナップを震災前に戻す計画があり、約8割は復活できたのかな。ただ、これにはベテランから若いスタッフへの技術移行が必要なので容易ではないのですが、有難い事に「あれがまた食べたい」と言ってくださる方がいらっしゃいますし、髙橋徳治商店ファンの皆様のためにも頑張ります。

  • 髙橋 敏容さん(33歳)
  • 出身地/宮城県石巻市

<会社概要>

株式会社 髙橋徳治商店 たかはしとくじしょうてん

  • 業種/食品製造業
  • 業務内容/魚肉練り製品の製造と販売
  • 設立/昭和48年(創業明治38年)
  • 資本金/1億円
  • 代表者/代表取締役 髙橋英雄
  • 従業員数/40名
  • 所在地/宮城県石巻市川口町二丁目1番35号(被災前の本社所在地)
    宮城県東松島市大塩字緑ヶ丘四丁目3番16号(東松島工場。現在の本社機能。)
  • 電話/0225-98-8485
  • WEBサイト/http://www.mamac.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

まず質問の多い人。こういうタイプは見所があります。それと想いを共有できる人。当工場製造では当社ならではの阿吽(あうん)の呼吸が必要になりますし、できれば長くお付き合いしたいですからね。採用とは異なりますが、石巻に定住して起業したい人や、ひきこもり等から脱したい人を、当社では行政とも協力しながら応援しています。関心があれば訪ねて来てください。

代表取締役
髙橋 英雄さん