株式会社イエムラ

強く美しいステンレス製品を製造。
フルオーダーメイドに挑戦する
熱い仕事人たち。

代表取締役社長 家村 秀也さん

当社は、平成6年に現在の会長が創業し、平成22年に私が代表取締役社長になりました。 業務内容は金属製品製造業で、ステンレスを専門的に扱っています。ステンレスは、鉄やアルミよりも耐久性と強度が高く、意匠性にも優れている金属です。当社は規模の小ささを強みとして、フルオーダーメイドの製品を、一つひとつ手作りしてきました。現在、シェア拡大に向けて準備を進めているところです。
取引先は、主にゼネコンや建材メーカーです。仙台駅のペデストリアンデッキの修理や、仙台空港アクセス線の各駅のドアなどのご依頼を受けました。仙台や名取にお住まいの方は、ご覧になっていると思います。東北には4000ヶ所ほど当社の製品が設置されており、近年は、関東方面への出荷も増えています。新規のお客様は口コミの場合がほとんどです。当社を評価してくださっていることを、とてもありがたく感じています。
できあがった製品は見える場所に、ずっと残るので、製品の良し悪しが明白に分かります。職人たちは、やすりなどを丁寧にかけ、様々な年代の方が利用してもけがをしないように想像力を働かせています。
私は、常にスタッフたちに「チャレンジ、チャレンジ」と言っています。毎回違う形状のものが要求されたり、高度な技術を求められたりするからです。一方で、自分たちが作りたい製品も生み出しています。ダンボールを使う作家とコラボレーションした個性的な椅子もあります。大変だったり、難しかったりする仕事ほど、心に残るものです。当社の製品が設置された場所に、家族や友人と見に行き、「これは自分が作った」と自慢する社員も多いです。 
名取市は、交通の便もよく、人間関係の距離感もちょうどいいと思います。ぜひ、当社に来て、やりがいのある仕事をしてみませんか。
<経営理念> 「私たちは世界中の家族を守るために、家族を守れるヒトとモノをつくり、それを地域に残すことで社会に貢献します」

株式会社イエムライメージ1

毎日、違う現場、違うカタチを創っています。

株式会社イエムライメージ2

お客様には丁寧な説明を心掛けています。

株式会社イエムライメージ3

ドアだけじゃなく、様々なオーダーをお受けしています。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は、大学生の頃から日本文化に興味があり、卒業後は台湾の日系企業に就職しました。そこで2年ほど働いているうちに「異文化のかけ橋」のような仕事をしたいと考えるようになりました。日本の人材紹介会社に勤めていた先輩に相談したところ、イエムラを含め、数社ほど紹介されまし た。資料を読んでみると、この会社が求めていた人物像と、「なりたい自分」が重なっていることに気付きました。私は外国人であり、女性であり、経歴もありませんでしたが、社長はそういうことは気にかけず、チャレンジの場を提供すると言ってくれました。私は、この会社なら自己実現できるのではと思い、入社を決めました。現在の業務は、主に人材採用や育成です。
苦心しているのは、日本の文化と他者の文化、自分の価値観のバランスをとることです。たとえば海外から来た方々を採用する場合、当社の社風になじんでもらえるかが課題となります。コミュニケーションを深め、それぞれの意見を聞くことは、まさに「異文化のかけ橋」的な仕事なので、やりがいがあります。私は第3者目線を持ち続け、組織がより良くなるためにインスピレーションを与え、違う風を取り入れていきたいと思っています。
この会社の強みは、それぞれが職人魂を持って仕事をしている点です。お互いに情熱的に仕事をできるようにサポートしていて、アットホームな雰囲気があります。私は現在、ビジネススクールに通って、経営や管理について学んでいます。将来は経営陣の一員として業務に携わり、ビジネスチャンスをつかんでみたいです。当社には、誰でも仕事について提案しやすく、チャレンジできる 環境があります。ぜひ一緒に働き、やりがいや達成感を得てみませんか。

株式会社イエムライメージ4
  • 周 謙さん(29歳)
  • 出身地/台湾
  • 趣味/音楽鑑賞

<会社概要>

株式会社イエムラ

  • 業種/メーカー
  • 業務内容/金属製品製造業
  • 設立/1994年7月20日
  • 資本金/3,000万円
  • 代表者/家村 秀也
  • 従業員数/20名
  • 所在地/宮城県名取市飯野坂南沖67-1
  • 電話/022-384-5310
  • WEBサイト/https://www.sus-iemura.co.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社イエムライメージ5

取引先と良好な関係を継続的に築けるような営業ができる人と、設計ができる人を募集しています。「良い仕事をして『足跡』を残したい」という気持ちがある人がいいですね。入社3年目以降は、本人が希望し、会社が必要と認めた場合、スキルや免許などの取得費用を会社が100%負担します。希望があれば会社に在籍したまま、JICA青年海外協力隊に参加もできますよ。

代表取締役社長
家村 秀也さん