株式会社塩釜水産食品

優れた原料と技と設備のもと、
鮭のエキスパートとして、
世界最良のものを作り続ける。

取締役社長 岩崎 進作さん

当社は塩釡市内の水産加工業者が出資して設立された塩釡水産加工業協同組合から製造と営業部門が独立した形で誕生しました。以来、鮭を使った製品を作り続けています。中でも看板商品の「筵巻き山積け」は、東日本大震災で生産が危ぶまれた時も、問屋や量販店から「続けてほしい」という声があがったほどの人気商品です。この商品は室町時代頃から伝わる塩蔵方法を現代風にアレンジしたものです。すべてが手作業で手間暇かけて作られており、紅鮭の旨味を存分に引き出した、普通の山漬けとは一味も二味も違うおいしさが高評の、当社しか作れない商品です。
鮭類は獲れる場所や時期によって状態が違います。また、地域で味や形の趣向が極端に異なります。これらの情報がきめ細かく収集できないと本当においしいものは提供できません。当社の情報収集能力は大手企業以上であり、全国でも抜きんでています。さらに当社では製造環境の整備に取り組み、製造工程以外の機械化できる部分は徹底的に機器を導入し効率化を推進。安全面、衛生面にもこだわりながら生産部門の高度化を図っています。その上で、現在、既存商品のブラッシュアップや、新商品開発にも意欲的に取り組んでいます。我々は、鮭については世界最高のものを提供してきた自負があります。その鮭のプロとしてのノウハウをベースに、地域の特産品とのコラボなどによる国内消費の拡大や海外展開などを視野に入れながら、新しい領域にチャレンジしています。
最高の原料と技と設備のもと、いかに新しい商品を生み出すか。それが我々の仕事です。そのために、目的を明確にし、その実現に向かって努力をする人を育てたいと思っています。夢をもったならば、それを自分でPRしてチャレンジして欲しいですね。失敗したら「どうすれば良かったのか、次はどうしたらいいか」と考えることで人は成長します。「若い人に失敗させてあげる」。それが当社の強みかもしれません。

株式会社塩釜水産食品イメージ1

尾ヒレカット作業。

株式会社塩釜水産食品イメージ2

真空パック作業。

株式会社塩釜水産食品イメージ3

計量及び袋詰め作業。
機械によって切り出された切身を適切な重さになっているかを確認し、基準を満たした切身を袋に詰めていく作業になります。

中堅社員が語るキラリVOICE

主に市場を中心に鮭鱒の販売を手掛けています。鮭鱒関係は、北海道から九州まで、地域によってお客様のこだわりがあり、売れ方が違うので、当社の豊富な情報をもとに商品の加工の仕方をこちらから提案することもしばしばあります。それだけにスーパーやデパートなどで当社商品の売れ行きがいいのを見ると感動し、やりがいを感じますね。
こちらに入社する前は建設関係で仕事をしていましたので、食品のことは何も分かりませんでした。でも、自分で今何ができるかを考え、自分で組み立てが出来る環境のもとで、ここまでやれました。お客様の注文に細やかに応えるためにも、社員同士のコミュニケーションは重要です。わが社は、社員同士がいつでも話しあえる関係なので、その点スムーズです。最近は違った食品とコラボした新しいメニューの提案なども増えてきています。私なりに販売方法を考えながらしっかりPRして、全国へ普及していく思いです。

株式会社塩釜水産食品イメージ4
  • 高橋 幸成さん(32歳)
  • 出身地/宮城県東松島市
  • 趣味/釣り

中堅社員が語るキラリVOICE

職場体験に参加して、包丁をさばく職人の技の見事さに憧れて入社しました。現在は、工場内でスタッフの作業の割り振りや工程管理に携わっています。自分でスケジュールを組んで、その通りに動いてくれて、スムーズに仕事が進み、みんなを時間通りに帰すことができたときは、うれしいものです。自分の指示がうまく伝わりにくい時もあるので、普段から、スタッフには出来る限り声を掛けながら話をするように努めています。わが社は社員同士の仲が良く、良い人ばかりです。私はそんな周囲の人に助けられてここまでこれた感じです。
鮭といっても、多彩な食文化を持ち加工法は実にさまざまです。これからは商品のことをもっと勉強して知識を深め、製造だけでなく販売などの最前線に立ち、自らの手で売って会社の発展に尽くしていく考えです。

株式会社塩釜水産食品イメージ4_2
  • 中川 大輔さん(26歳)
  • 出身地/宮城県仙台市
  • 趣味/映画鑑賞

<会社概要>

株式会社塩釜水産食品

  • 業種/メーカー
  • 業務内容/水産加工業
  • 設立/1983年4月30日
  • 資本金/2,000万円
  • 代表者/岩崎 務
  • 従業員数/42名
  • 所在地/宮城県塩釡市新浜町3-29-7
  • 電話/022-364-3181
  • WEBサイト/http://sk-miyagi.co.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社塩釜水産食品イメージ5

時代の変化に合わせて、我々も変化しなければいけません。鮭のプロとして原料調達、商品開発、販売において、新しい時代にどう展開すべきかを考える力のある人を求めています。水産業は水を使うため機械化が遅れていますが、AI 導入など機械化は必至で、機械や電気に知識のある方、また、多様化する市場に対応できる販売力のある方に来てほしいですね。新しい発想を持ち、それを形にしようと努力する方は力を発揮できると思います。

専務取締役
髙橋 幸浩さん