仙台漬魚株式会社

インターネットで大人気、
杜の都仙台のこだわりの漬魚。
トータルなクリエイト力で、
より広く、より魅力的に発信を。

代表取締役社長 武田 胞雄さん

私自身、40数年にわたって水産加工の原料を扱ってきており、商品の目利きには自信を持っています。そんな私が厳選した魚介類を、付加価値を付けることでさらにおいしく食べていただきたいとの思いで仙台漬魚を創業しました。商品開発のヒントは京都の西京漬です。京都有数の老舗から特別に取り寄せた西京味噌を基に、伏見の名蔵元がつくり上げた本格純米酒などで熟成させた上質な伝統調味料を合わせ、魚の本来の旨味を最大限に引き出すよう丹念に練り上げた上品な品です。私たちの仙台漬魚も、旬や産地にこだわり、解凍後はそのまま刺身でも食べられるほど鮮度の高い原料を使い、地元・仙台発祥の伝統の赤味噌と宮城銘酒の一の蔵の一番搾り酒粕で、手間を惜しまず低温熟成に時間をかけて漬け込みをした商品です。発売以来、「魚の旨味を贅沢に引き出している」と、全国のお客様から多くの支持と数々の賞をいただいてきました。
当初は百貨店などで販売してきましたが、近年はインターネットによる通販に力を入れています。現在、ネット上で販売されている漬け魚は約2万種類ありますが、当社の商品はアマゾンで5年連続「漬け魚」部門でトップの人気を得ています。リピーターも増え、売り上げも右肩上がりです。当社では今後、成長が期待できるネット通販を強化していく方針で、そのためのスタッフの強化に取り組んでいます。通販はお歳暮や記念日など時機を見ながら、メッセージや梱包スタイルなどをトータルに考え、消費者の購買心に効果的にヒットする表現を創造することが大切です。そのためには、キャッチコピー、デザイン、写真などを総合的にプロデュースできる人が必要です。以前の商品販売は良いものを作ることでニーズを生んできましたが、現在は、ニーズに合わせて商品を作り、効率的に発信することが重要です。お客さまの動向を把握し、商品開発に取り組み、多くの人を引き付ける「作品」を創り上げる、そんな創造的な仕事に興味のある方をお待ちしています

仙台漬魚株式会社イメージ1

工場風景(工場内風景)。

仙台漬魚株式会社イメージ2

事務所(インターネット作業風景)。

仙台漬魚株式会社イメージ3

工場・出荷ホーム風景。

中堅社員が語るキラリVOICE

以前から地元・塩釜の会社に貢献したいという思いがありましたので、希望が叶いました。仙台漬魚は、食品の通販が珍しかった時代に、地方でネット通販にチャレンジしており、その将来性を評価して選びました。実際、時代をとらえた商品開発、先を見通した経営感覚は素晴らしいと感じます。現在は、全般的な仕事の流れを見きわめながら、製造から販売、売り上げなどの管理業務に取り組んでいます。仕事の領域は広いだけに毎日緊張感があります。
今まで勤務した会社はタテ社会で、社長などに直接声を届けることができませんでしたが、ここではダイレクトに社長と意見交換ができます。社員一人ひとりの距離がとても近くて関係もフラット。コミュニケーションも密にとれ、仕事もスピーディです。今後は、この環境のもとで、ネット通販をさらに盛り上げて、会社を大きく成長させ、それと共に自分も成長していければと思っています。
現在の住まいは会社からクルマで10分位です。ゆっくり通勤できる分、自分の時間がたっぷり取れますので、趣味の映画や音楽鑑賞の時間も十分とれます。塩釜は、仙台に近いのでショッピングやコンサートなども気軽に楽しめます。一方仙台と比べて住宅が安いので住みやすいですね。気候も温暖で雪も積もりません。夏は目の前でマリンスポーツ、冬は気軽にスキーやスノーボードが楽しめます。とにかく不便さを感じないまちですよ。

仙台漬魚株式会社イメージ4
  • 佐藤 信嘉さん(44歳)
  • 出身地/宮城県塩釜市
  • 趣味/映画・音楽鑑賞

<会社概要>

仙台漬魚株式会社

  • 業種/メーカー
  • 業務内容/水産加工品製造、販売業
  • 設立/2012年12月
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/武田 胞雄
  • 従業員数/11名
  • 所在地/宮城県塩釡市新浜町3-29-7
  • 電話/022-361-3233
  • WEBサイト/http://sendai-tukeuo.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

仙台漬魚株式会社イメージ5

インターネットによる商品の販売にトータルに携わることができる方を望んでいます。お客さまが求めているものを把握し、キャッチコピー、デザイン、包装スタイルなどの制作、イベント時期における売出しやキャンペーン展開など、多角的な視点のもと、自由な発想で売れる商品展開をしてください。今までネット通販をやってきたが、組織が大きい中で自分の本当の力を発揮できなかった、という方にはチャンスと言えるかもしれません。商品には絶対的な自身がありますので、思う存分力を発揮してください。

代表取締役社長
武田 胞雄さん