株式会社佐藤金属

レアメタルを最新技術でリサイクルし、
持続可能な社会を担保する
「都市鉱山」企業。

代表取締役 佐藤 克己さん

当社は、東北地区の日常的な社会生活や、産業インフラ設備の新設及びリニューアルの際に発生する金属系産業廃棄物の指定リサイクル拠点です。言い換えれば、レアメタルやレアアースを扱う東北地区の「都市鉱山」的役割を担っています。昨今は、多種・多様な金属を少しだけ使う企業が増えています。社会の大静脈として経済循環を促進するためにも、時代に求められるサービスを提供していきたいですね。また、東北大学を中心とした産学連携により最新の情報や技術を確保していたり、多くの国内主要メーカーとアライアンスパートナー契約を結んでいたりと、独自の強みもあります。
現代は、IoT・IcTやAI等の第四次産業革命や頻発する自然災害等により、資本主義のルールや社会の規準が急激に変化することへの「根拠無き不安」が漂っています。このような世相を踏まえ、2015年9月、国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs,SustainableDevelopment Goals)」が採択されました。SDGsには17項目の共通目標があり、私たちの取り組みは、その中の多くの項目と、多様な関わりを持っています。消費者の「使う責任」を全うするために必要な受け皿として、社会生活を担保するような会社になっていきたいですね。
当社のその姿勢が評価され、2015年に「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれて、業界内外で驚かれました。また、2017年には地域未来牽引企業として、経済産業省の認定をいただきました。
静脈産業の立ち位置で社会全体を見渡すと、私たちにだけ見える「何か」があります。その何かにむけた戦略の運用が、実社会に少しでも影響を与え、より良い社会に繋がっていくと確信しています。その何かを一緒に見据え、仲間となって仕事をしていきましょう。

フォークリフトを運転する女性スタッフ。

レアメタルは素材の特性に合わせて保管されている。

破砕・粉砕から選別まで行うナゲットプラント。

中堅社員が語るキラリVOICE

以前は外資系の企業に勤めていましたが、30歳頃、全く新しいことにチャレンジしたくなりました。この会社に転職したのは2010年3月です。レアメタルを中心とした事業内容に魅力と将来性を感じました。
以前の会社は「物を作る」ことに関連した業務だったこともあり、「物をリサイクルできるように解体する」というのは新鮮でした。解体するものは、古い機器もあれば、ごく数年前のものもあり、時代の移り変わりを感じることができて面白いです。様々なレアメタルやレアアースの、種類や特徴も知ることができました。
現在は、それらの作業に加えて、工場全体の責任者としての仕事もしています。かつての職場と違い、女性の方が多いので、口調や指示の出し方に気をつけています。とはいえ当社の女性は、パワフルな方も多く、その逞しさに驚くときもあります。
作業の計画や段取りは、自分で考えるときもありますし、会社から指示が出るときもあります。思ったようにいかなかった場合はその原因を分析して次に生かすようにしています。うまくいったときは、やはり達成感を感じます。
今後の目標としては、新しい技術が次々と入ってきているので、それらに対応していくことです。また、人材の育成にも力を入れていきたいですね。安全に仕事をすることが何より大事ですが、日々、進化する仕事なので、「まずはやってみる」というようなチャレンジ精神がある方だと、楽しく仕事ができると思います。

  • 鈴木 啓木さん(41歳)
  • 出身地/宮城県(仙台市)
  • 趣味/ギター

<会社概要>

株式会社佐藤金属さとうきんぞく

  • 業種/リサイクル業
  • 業務内容/金属に関わる産業廃棄物のリサイクル
  • 設立/昭和48年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/佐藤克己
  • 従業員数/13名※役員除く
  • 所在地/宮城県岩沼市下野郷字中野馬場34番48
  • 電話/0223-23-4661
  • WEBサイト/http://satoh-kinzoku.sakura.ne.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

当社のビジョンに共感してくださる、営業力がある方を求めています。また、東北大学や関係機関とともにリサイクル技術を開発するために国や県、大学と調整しながら申請等を書く業務や、業務計画の立案などに興味がある方も募集しています。当社は業務に関する最先端の情報を入手できるので、都会の企業と遜色なく成果をあげることが可能だと考えています。生まれ育った東北を見直し、この地で働くことを選択してみてはいかがでしょう。

代表取締役
佐藤 克己さん