株式会社佐々木印刷所

印刷技術を活かした
付加価値の高い商品提案に
挑戦し続けます。

代表取締役 佐々木 英明さん

当社は昭和3年、国分町で創業。今年で90年を迎えます。チラシ・ポスター・パンフレットなど幅広い印刷物を手掛けていますが、中でもビジネス帳票の印刷は得意分野です。一見地味な印刷物ですが、読み取り機械を通したりするので、高い印刷精度が要求される印刷物です。
しかし一方では、IT技術の普及やネット注文による印刷市場の拡大で、従来の印刷だけに頼っては「まちの印刷屋」の将来性が厳しいのが現実です。
そこで、印刷技術を活かしながら付加価値の高い商品が出来ないかと考えたのが「マッチ箱マガジン」です。当初は東日本大震災後、被災地に何かできないかとの想いから、売上の一部を寄付するため「こけし付箋紙」を作ったのがきっかけでした。
この企画が、付箋紙と地元クリエイターが作成した観光ガイドマップをマッチ箱のような箱に入れた商品「マッチ箱マガジン」に発展。仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム・プロジェクトに採択されました。第1弾は秋保、作並など県内5カ所の温泉地を取り上げた「温泉編」。これは「グッドデザイン賞」「第1回新東北みやげコンテスト最優秀賞」を受賞しました。
この後、第2弾「海編」、第3弾「仙台時間」と続き、現在は県内だけでなく首都圏からも取扱いのオフォーが寄せられています。オリジナルの「マッチ箱マガジン」の受注も増え、全社的に無視できない収益源となっています。
この商品のポイントは①自社の販売商品であること②自社の印刷技術を活用して全て自社内で制作していること③こけし工人を含めた地元クリエイターとのコラボすることでオリジナル性を出していることです。地元みやぎにこだわった企画であることも特長ですね。
当社では、これらの経験を基に、今後も印刷技術を活用した高付加価値の商品開発に挑戦したいと考えています。

人気のこけしクリップ。

デザイン部門も充実してきました。

ずらりと並ぶ印刷機械。

中堅社員が語るキラリVOICE

宮城野高校の美術科で油絵を、武蔵野美術大学・大学院で彫刻を学びました。大学院の時に東北を旅行して改めて仙台の良さを感じ、卒業後仙台に戻り、4年間小学校・中学校の教員をしていました。
生徒たちと接する日々にとてもやりがいを感じていたものの、自分で手を動かして「つくる」仕事への欲求も高まってきました。
そんな時ネットでこけしクリップのことを知り、印刷以外の仕事を手掛けていることに興味を持ち、思い切って転職しました。2015年の11月のことです。
現在は、マッチ箱マガジンの制作の他、チラシやポスター、広報誌、名刺など印刷物のデザインを手掛けています。
彫刻の制作と大きく違うのは、お客さまや印刷現場とのコミュニケーションです。お客さんの意向や納期を考えながら、最良の方法を提案する必要がありますし、印刷現場では工程ひとつひとつの流れを考え完成までの流れを把握する必要があります。
いつか自分が中心になって、地元に根付いたおもしろい新商品開発が出来ればいいなと考えています。

  • 佐藤 玲さん(31歳)
  • 出身地/宮城県仙台市
  • 趣味/彫刻、カメラ

<会社概要>

株式会社佐々木印刷所ささきいんさつじょ

  • 業種/印刷業
  • 業務内容/チラシ・ポスター・パンフレット企画制作、ビジネス帳票、マッチ箱マガジン企画制作販売
  • 設立/昭和3年
  • 資本金/2,500万円
  • 代表者/佐々木英明
  • 従業員数/32名
  • 所在地/宮城県仙台市宮城野区日の出町2丁目2番16号
  • 電話/022-236-1281
  • WEBサイト/http://www.sasaki-print.com/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

どの会社もそうだと思いますが、自ら考え行動する人にきてほしですね。最近も19歳の女性が印刷技術を習得したく入社してきました。以前では考えられないことです。当社は、印刷会社の新しい価値創造にチャレンジしているところなので、従来の印刷屋のイメージにこだわらない、色々な人と仕事ができればと考えています。良いアイディアがあったら、部署関係なく、どしどし取り入れていきますよ。

代表取締役
佐々木 英明さん