株式会社サンシバ複層

技術と人間を磨きながら
製品の開発に取り組み社会に貢献。

代表取締役 大久保 良一さん

当社は創業以来、一貫して複層ガラスの製造・販売を行ってきました。創業当時、東北は一枚ガラスが主流で、当社は断熱複層ガラスにおける先駆け的な存在でした。その後、大手ガラス・建材メーカーの進出の影響などで、地域の専門店が廃業を余儀なくされるなか、当社は単独で生き抜いてきました。その柱となったのがものづくり精神です。持ち味である複層ガラスの技術を深めることに専念し、新製品の開発に心血を注いできたのです。
その結果、誕生したのが、「エミネントペアW」です。これは、後付け方式の断熱ペアガラスで、ビルのリノベーション時に既存の窓を生かしながら内側から簡単に設置ができることから、工事費が大幅に削減できると業界の注目を集めています。また、既存の窓へそのまま設置することでトリプルガラスの効果も生まれ、エネルギーの節約と居住性の向上に大きな効果を発揮します。「エミネントペアW」は、平成30年度宮城県「経営革新計画承認企業」(現在6社承認)に認証されるなど、その断熱、遮音、防犯性などの性能の高さに対して各方面から高い評価をいただいています。また、当社の強みは厳しく徹底した品質管理にもあります。0.3%以下の不良率を実現。さらに納期の厳守や適切なクレーム対応は社員全員が努力をして築いたもので、高い信頼性の基となっています。
当社の理念は、「人間性、科学性、社会性」です。中でも人間性は特に重視しています。当社の「技術を磨きながら社会に貢献する」という企業目的を、どういう仲間とどのように具体化していくかですね。それは、「助け合い、認め合い、許しあい、築きあう」ことにあると思います。今後は、この人間性を基本に技術を高め、災害から人命を守る「耐貫通ペアガラス」などの開発に積極的に取り組み、複層ガラスの可能性を開きながら社会に貢献していきます。

株式会社サンシバ複層イメージ1

複層硝子製造ライン・国産品が無くイタリア、ドイツ、韓国製の設備です。

株式会社サンシバ複層イメージ3

後付断熱ペアガラス「エミネントペア W」のカットサンプル。

中堅社員が語るキラリVOICE

主に、受注した製品の製造を工場に発注する業務を担当しています。製造製品はサイズもミリ単位で対応しますので神経を使いますね。さらに工場の稼働状況を把握しながら工程や納期を確認し、原料の手配を行っています。入社して15年です。以前はサービス業にたずさわっていました。まったく畑違いからの転職ですが、技術的なことを教えてもらっていくうちに、ものづくりの面白さを知りました。ものづくりには、完成した時の達成感があります。特に私たちのような規模の工場の場合、原料の調達から完成品の納入まで、必ずどこかで自分が関わっていくので、ミスなく1日が終わるとやりがいを感じますね。
また、街を歩いていて、うちの製品を採用している建物を見るとうれしくなります。ガラスに当社のマークがついてる時など、本当に誇らしくなります。
私たちの会社は、人数も少ないので、みんなの力で会社を盛り立てていこうという気持ちは人一倍強いですね。お客様の要望に対して「他社で造れなくてもうちでは造れる」と積極的に開発に取り組んでいます。私自身は、そんなスタッフが気持ちよく、楽しく仕事をしてもらうためのサポートに努めています。
名取市のある仙南地域は、閖上漁港や松島海岸、蔵王など海も山も近く、スポーツや食べ歩きなどを楽しむ絶好の地です。住む、働く、遊ぶに最高の環境ですよ。

株式会社サンシバ複層イメージ4
  • 小川 真由美さん(48歳)
  • 出身地/宮城県岩沼市
  • 趣味/食べ歩き
    スノーボード

<会社概要>

株式会社サンシバ複層

  • 業種/板ガラス加工業
  • 業務内容/断熱複層ガラス、日射熱遮へい複層ガラス、高性能断熱複層ガラスの製造・販売
  • 設立/昭和58年7月
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/大久保 良一
  • 従業員数/5名
  • 所在地/宮城県名取市本郷字焼野141-4
  • 電話/022-382-1051
  • WEBサイト/http://www.sanshiba.jp/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社サンシバ複層イメージ5

製造スタッフや営業の方を求めています。経験は問いませんが、ものづくりが好きな方ですね。ものへの探求心がある方が当社の仕事に向いていると思います。製造スタッフとしては、当社は「町工場」ですので、複層硝子の製造工程の入り口から出口まで関わってもらいます。そのような業務で大切なのが素直さであり、誰に対しても感謝の気持ちが持てる人間性ですね、そうすることで先輩方に可愛がられ、仲良くなることで、品質管理や作業標準の習得もスムーズにいくと思います。

代表取締役
大久保 良一さん