株式会社三陸コーポレーション

優れた三陸の水産資源を世界に広げ
三陸を世界一の水産都市にする。

代表取締役社長 森岡 忠司さん

国内の水産物消費の低迷などにより、特に東日本大震災以降、三陸の水産業各社は新しいマーケットを海外に求め始めています。しかし、海外進出の経験もノウハウもないことから、1社だけで展開することが難しいのが現状です。そこで、三陸の水産メーカー7社が一体となって、統一ブランドのもと海外において市場開拓や販促活動を展開しようと設立されたのが三陸コーポレーションです。
当社の目標は「三陸の水産資源を世界と共有し三陸を世界一の水産都市にする」ことです。三陸は世界三大漁場をひかえていることから、水揚げされる魚の量も種類も多く、また、カキやホタテの養殖にも適した地域です。その魚介類の品質の高さ、さらに水産加工技術の高さは世界屈指であり、海外でも高い評価を得ています。その恵まれた資源を世界により効果的に発信し、三陸全体の発展に寄与していこというものです。
現在、統一ブランド“SANRIKU”を冠した水産加工品の開発・販売を柱に、海外で売れる商品への改善と新商品の開発、さらなる販路開拓と安定した売上高の確保、海外における認知度・理解度の向上などに取り組んでいます。
当社の強みは、ナショナルブランドを集めて輸出する一般的な業者と異なり、自社のブランドで、自社の商品を自社の工場で製造し、直接海外に届けている点です。各国の生活習慣やニーズ、商流などを把握し、情報をメーカーにフィードバックして売れる商品を創造するプロデュース的な役割も担っています。私たちには、しっかりした商品と優れた加工技術を持った工場があり、海外には求めているお客さんがいます。後は私たちの知恵と工夫でそれをどう繋ぐかです。自分のやり方次第で、フィールドは世界に向かってどんどん広がっていく、そんな醍醐味があります。

株式会社三陸コーポレーションイメージ1

ムスリム向けに三陸地域の水産メーカーと共同で開発したフィッシュソーセージを売り込むためドバイの展示会に出展。

株式会社三陸コーポレーションイメージ2

東南アジア5か国から輸入業者等の取引先を招いて三陸地域の牡蠣の養殖場を視察。

株式会社三陸コーポレーションイメージ3

さんま、牡蠣、いくら等の三陸産水産物を売り込むため、バンコクの展示会に出展。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は大学の農学部卒業後、農産物の海外輸出による産地の活性化に興味を持ち、専門商社やコンサルティング会社に勤めました。しかし、農産物は量や種類、価格の面でマーケットに限界がありました。その点、水産物は島国だけに量や質、価格の面で海外でも十分競争ができます。特に三陸産の魚介類は世界でも特出しており、その可能性に注目していました。丁度現在の会社を立ち上げる話があり、「国内の地域を国際化することによって地域を発展させる」という私の夢が実現できると思い、設立に参加しました。
この仕事には、やればやるほどやりがいを感じますね。メーカー側からは「販路を広げられた」と喜んでもらえるし、海外のお客さまからは「こんなにおいしい食品が日本から得ることができた」と喜んでもらえます。フィリピンの場合、一度撤退しましたが、現地の料理人から「三陸の魚介類をどうしても使いたいので協力するから再開して欲しい」と要望されました。このように両者から喜んでいただける商売はそう多くはありません。
世界がビジネスフィールドですので、1年の3分の1は海外にいることになります。それだけに国内では週休2日をしっかり確保し、家族サービスに励んでいます。また、運動不足を解消するため、 最近、休日を利用して子供頃にやっていた空手を始めました。しっかり練習をして、大会に出場するという夢も実現したいですね。

株式会社三陸コーポレーションイメージ4
  • 森岡 忠司さん(36歳)
  • 出身地/静岡県
  • 趣味/空手

<会社概要>

株式会社三陸コーポレーション

  • 業種/貿易業
  • 業務内容/三陸産水産物の輸出窓口、三陸地域へのインバウンド、東北などの農産物の輸出
  • 設立/平成28年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/森岡 忠司
  • 従業員数/2名
  • 所在地/宮城県仙台市泉区泉中央 3-15-3
  • 電話/03-6903-3205
  • WEBサイト/http://www.sanriku-corp.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社三陸コーポレーションイメージ5

三陸の水産加工品を、共に海外市場へ発信する仲間を求めています。私たちの主な仕事は、収集した情報をもとに海外で販路を拓きながら、商品を開発して届けること。また、三陸の素晴らしい環境を認知させることです。その手段をゼロから自分で創出し、それを海外で躊躇せずに実行できる行動力のある人が適任です。世界が認める三陸のおいしさ、美しさを東南アジアはもとより中東、欧米へと広げるグローバルな人材を求めています。

代表取締役社長
森岡 忠司さん