株式会社斉吉商店

ほんとうに「おいしい」と思うものを
おすそ分けする、そんな想いで
大切な人たちを食で豊かにしたい。

斉藤 吉太郎さん

気仙沼を拠点に、自社ブランドの水産加工品の製造販売と、飲食店経営をしています。看板商品は、さんまを長年注ぎ足しの甘辛いたれで炊いた「金のさんま」です。1921年創業で、かつては大きな工場で大手飲食チェーンなどに商品を納めていました。けれど、本当に提供したい商品を直接お客様に届けたいという想いがあり、東日本大震災を機に、自社ブランド商品の製造販売に方向転換をしました。ですから、実質的には創業7年目みたいなものですね。弊社では「正直なもの」を作っています。一番良いと思う材料を使い、手間がかかっても一番良いと思う方法で加工します。それで、全国のお客様に喜んでいただけたり、首都圏の有名百貨店で扱っていただけたりするのだと思います。また、良いものを作って販売することでお取組先様とも良い関係が築いていけると考えています。
お客様、そして何より社員の皆さんに対して、「自分の家族だったらどうするか」と考えて接するようにしています。私も他社で会社員として働いた経験があるので、社員が気持ちよく働けているか、会社としてやりがいのある目標を提示できているかがとても気になります。
特に若い社員は出張に連れ出したり、我々が良いと感じるレストランで食事したりして様々な刺激を感じてもらい成長に繋げてほしいと考えています。
私だけでなく社内全体に家族のように互いに助け合う環境ができつつあると感じます。
工場のリーダー格の社員は、小さい子どもを育てながら働く苦労を経験しているので、子育て中の若い世代に理解があります。社員同士が家族のように支え合い、家族で囲む食卓のおいしい料理をおすそ分けするような気持でお客様に商品を提供する、そんな会社です。

贈答用には予算と目的を聞いてアドバイス

飲食店のメニューは魚嫌いが解消すると評判

自社商品は通年50種類ほど提供している

中堅社員が語るキラリVOICE

2017年8月にオープンした飲食店で商品の販売と給仕を担当していますが、繁忙期には事務所で電話注文の受付補佐をすることもあります。入社当初は商品開発の仕事をしたいと思っていました。商品を開発するにあたって、お客様の年齢層や特徴、ニーズなどを把握するために販売の仕事をすることになったのですが、販売の仕事をするうちに販売の楽しさを知りました。今は、商品開発よりも販売の仕事を続けていきたいと思っています。実際にお客様の顔を見ながら商品をお勧めできますし、お客様の反応もすぐにわかります。自分がお勧めした商品をお客様もおいしいと思ってくださり、また来店していただくと嬉しくて、たくさんのお客様にお勧めしたくなるんです。地元のお客様はもちろん、東京ほか全国からお客様がいらっしゃいます。全国のお客様との繋がりがあるというのも、やりがいがあります。
お客様が贈答品などを選ぶ際に、お客様の要望をきちんと把握して適切なサポートをするのは難しいですし、給仕の際も、お客様に気を配ってお水を入れたりスプーンをお出ししたりしなくてはなりません。まだまだ未熟なので、先輩に教えてもらいながら学んでいます。私が働いている飲食店は高台にあり、気仙沼の内湾が一望にできます。まずはぜひ一度、飲食店を訪ねてみてください。美しい風景を眺めながら弊社の味を知って下されば、ここで働く楽しさが分かっていただけると思います。

  • 販売担当
    小野寺 里奈さん
  • 出身地/気仙沼市
  • 趣味/買い物、読書

<会社概要>

株式会社斉吉商店さいきちしょうてん

  • 業種/食品
  • 業務内容/加工食品の製造販売、飲食店経営
  • 設立/大正10年
  • 資本金/2,500万円
  • 代表者/斉藤純夫
  • 従業員数/23名
  • 所在地/宮城県気仙沼市潮見町2丁目100-1
  • 電話/0226-22-0669
  • WEBサイト/http://www.saikichi-pro.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

自分の持ち味やカラーを大事にできる人、真面目で誠実な人、人柄を重視します。世の中に役立つことと自分の成長を重ねられるとよい仕事ができると思います。求める能力は特にありませんが、斉吉に合うか合わないかはお互いに大事なポイントですね。入社後は製造や販売など一通りの部署を経験してもらい、適性に合った部署へ配属を決定します。

斉藤 吉太郎さん