株式会社ラポールヘア・グループ

働きやすい新しい雇用スタイルで、
美容師もお客様も笑顔に。

代表取締役 早瀬 渉さん

大手美容チェーンの役員をやっている時に東日本大震災が起こり、被災地で多くの美容師が仕事を失っている現状を知りました。そこで、被災者自身が自立し、生活再建していくことが必要と考え、「被災地に 働く美容室を!復興支援プロジェクト」を立ち上げました。まず最大被災地である石巻市に美容室をつくり、そこから、地方の課題でもあった「雇用の創出」や「地方経済の低迷」「若者の流出による過疎化」などを解決するきっかけづくりに取り組みました。
カギは人材です。特に美容業界の場合、美容師の確保が売り上げを左右し、人材不足で経営に行きづまるケースが多くみられます。そこで、結婚や出産等でリタイヤした「休眠美容師」を再活用するビジネスモデルをつくりました。土・日曜は休みたい、子供との時間を大切にしたい、介護の時間が必要、収入は得たいなど、それぞれの要望や生活スタイルにあわせて働き方が選べるシステムです。もちろん、働く環境も整えています。保育士が常駐する無料キッズルームを設け、育児との両立を可能にしました。また、勉強会やミーティングなどを無くし、余裕をもって働ける状況をつくりだしています。店長をおかずみんなが同じ立場で仕事ができるようにもしました。
お客さまは40歳~ 50歳代以上の女性が中心です。みなさん最先端のヘアスタイル以上に、安心できる美容師を求めています。働きやすい環境は働く人にゆとりを生み、お客様とのふれあいを楽しくしてくれています。当社の働き方が評価され復興庁「企業による復興事業事例顕彰企業」など数々の賞を受賞し、現在20店舗、150名の雇用を実現するまでになりました。今後はこの働き方を充実させながら、訪問美容など地域生活に貢献できる事業を行い、美容師、お客さまのどちらも安心、豊かに暮らせる社会づくりに寄与してまいります。

株式会社ラポールヘア・グループイメージ1

 

株式会社ラポールヘア・グループイメージ3

 

中堅社員が語るキラリVOICE

東京都内の美容院で働き、地元の石巻に戻って来ました。ラポールヘアなら、キャリアを生かしながら安心して子育てができる環境が整っていたからです。美容院での勤務は、拘束時間が長く、土・日曜も休めず、子育てと仕事の両立が難しいのが現状です。ラポールヘアなら、自分の都合に合わせて勤務ができます。私は、9時半から2時まで仕事をし、土・日曜もスタッフ同士で協力しながら休みをとっています。保育士が常駐したキッズコーナーがあるのも心強いですね。ノルマやアシスタントの指導、残業もありません。美容師の技術を教える仕事も並行してやっており、ダブルワークも自由です。また、1人のお客さまを最初から最後まで責任をもって担当しますので、お客さまと接する時間も長く、密度が濃い点でやりがいを感じています。店長もおらず上下の関係もありませんので、自分の意志で仕事がこなせ、ストレスも感じません。ラポールヘアの仕組みがなければ、美容師の仕事を続けることはできなかったと思います。身に着けた技術をムダにすることなく、子育てや自分自身の時間が自由に持てる点で、充実した日々を過ごすことができます。

株式会社ラポールヘア・グループイメージ4
  • 立石 貴子さん(35歳)
  • 出身地/石巻市
  • 趣味/食べ歩き

<会社概要>

株式会社ラポールヘア・グループ

  • 業種/生活関連サービス業、娯楽業
  • 業務内容/美容室ラポールヘアの運営およびフランチャイズ事業(2018年1月現在:直営店8店舗、FC 店12店舗)
  • 設立/平成23年
  • 資本金/1,505万円
  • 代表者/早瀬 渉
  • 従業員/50名
  • 所在地/宮城県石巻市大街道西2-2-27
  • 電話/0225-21-5866
  • WEBサイト/http://www.rapporthair.com
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社ラポールヘア・グループイメージ5

美容師免許もっていながら家庭の事情などで働けない方は多いと思います。当社では、そんな方のため、通常の美容室の雇用形態ではなく、働く方のライフスタイルや都合、希望収入などに柔軟に対応できるシフトを整えました。現在、子育て真っ最中の方、シングルマザーの方、副業を持っている方、介護に忙しい方、実にさまざまな美容師がシステムを上手に利用し活躍しています。ブランクがあり腕に不安のある方も安心して働けます。あなたのご希望に添える働き方がありますので、お気軽にご相談ください。

代表取締役
早瀬 渉さん