株式会社おてんとさん

国の宝である農業を守る、新しい業態の量販店。
コミュニケーションを深めながら
成長を続ける元気企業。

代表取締役 髙橋 榮吾さん

1897(明治30)年創業の当社は、「国の宝である農業を守る」を理念に2000年に農業資材を販売する「農家の店おてんとさん」を、2010年には農産物直売所「あじわいの朝」を設立・出店しました。以来、自立し次代へ継承できる農家の育成をサポートする私たちの事業は、生産者と消費者から支持され、売上高・店舗数ともに右肩上がりです。
当社は、種から肥料、農薬、機械まで販売し、さらに生産した農産物の販売も手がける、新しい業態の企業です。農業資材の専門販売は他社の参入が難しい分野であり、直売所も農家と深い信頼関係がないと出店できません。農家との距離が近く、寄り添った関係を築いてきた当社ならではの事業展開ともいえます。
当社の仕事はお客様との会話で成り立っています。専門知識の習得は研修だけではなく、コミュニケーションの中で鍛えられます。農業は個々の地域で状況が異なり、その土地の人に教科書では学べないことをたくさん教えてもらえるからです。会話から自分のやるべき仕事を見つけ、実践し、それが実った時の嬉しさは、何ものにも代えがたいでしょう。
まず、やってみること。私どもがその態度を大事にしているのはそのためです。自ら動き、交流を深め、情報を集め、チャレンジする。そのために、社内においてはフラットな関係のもと、相談も発言もしやすく、のびのびと仕事ができる環境づくりを心がけています。当社の場合、女性の管理職の割合が高いのは、男女の区別なく誰もが持てる力を十分発揮できる態勢がもたらした結果だと思います。
今後は農業経営などに取り組みながら、定年社員や身体の不自由な方の雇用を促進し、地域貢献を果たすなど、さまざまな領域にチャレンジしていきたいと考えています。国の宝である農業の課題を解決し、地域を元気する若い力を求めています。

株式会社おてんとさんイメージ1

朝に収穫された新鮮な野菜や果物を「あじわいの朝」で販売する。

株式会社おてんとさんイメージ2

農家のお店おてんとさん、あじわいの朝、外商営業、EC事業をコントロールする本社。物流センター機能も備えている。

株式会社おてんとさんイメージ3

みんなでわいわい仕事をしている、とても雰囲気が良い本社です。

中堅社員が語るキラリVOICE

私たちの会社が営む道の駅の駅長として、生産者の野菜や果物の管理などを行っています。入社当時は「農薬って何?」という状態でしたが、農家の人と新しい品種や味などについて話をしていくうち段々仕事が面白くなってきました。お客さまの評判を生産者に伝えて新しい作物栽培の参考にしていただいたり、売れない人には売れる工夫を提案したり、イベントを計画したり、一般の量販店と違い生産者や消費者との深い結びつきのもと、一体感を持ちながら仕事を進めています。 会社はやりたい事を自由にやらせてくれます。担当地域において、どんな商品をどう売り込むかは各部門に任せられていますので、責任もありますしやりがいも感じますね。どんどんチャレンジし、その経験を活かすことで会社に貢献していきたいと思っています。
わが社は従業員同士がすごく仲がいいのが特徴で、忙しい時はみんなで助け合いながら仕事を進める、そんな雰囲気です。自分が休みの日も「暇だから遊びに来た」と店を訪れる人がいるほど楽しい職場ですよ。

株式会社おてんとさんイメージ4
  • 千葉 舞さん(24歳)
  • 出身地/宮城県大崎市
  • 趣味/音楽のライブ鑑賞

中堅社員が語るキラリVOICE

大学の農学部で植物病理学を研究してきました。卒業後も「農業を身近に感じたい」との思いでこの会社を選びました。最初は店舗に出て農業資材を担当し、現在はEC事業部係長としてネット販売に携わっています。この部署は全ての商品において深い専門知識が必要です。学校で学んだことや実店舗で経験したことが活かせる点で、今の自分向きの仕事だと思います。ネット販売は店舗と違って全国のお客様が相手です。全国的な消費者動向が把握できると共に価格競争が激しいため、常に競争相手の動きを見ながら出品しています。また、これらから得た情報を活かしてメールマガジンを発信しており、メールを見て購入されるお客様がいた時は嬉しいものですね。学生時代の研究では「物」だけを見ていました。しかし、仕事では「この物はどんな人がどのように使うのだろうか」と、「人」を見ないと購買に結びつきません。社会的な観点で農業を見つめ直すことができました。当社は社員独自の判断を尊重し、自分のやりたいことをやらせてくれます。今後はお客様ともっとコミュニケーションを深めながら、新しい農業に対応していける見識を身につけ、知識・技術と共に人間性をも高めたいと思います。

株式会社おてんとさんイメージ4_2
  • 八島 理さん(28歳)
  • 出身地/宮城県仙台市
  • 趣味/読書

中堅社員が語るキラリVOICE

以前は、コンビニのスーパーバイザーでした、いつも帰宅が遅く、夜勤などもあって家族との時間が取れなかったので転職しました。私の妻の実家が農業を営んでいたこともあり、もっと農業のことを知りたいと思いから、おてんとさんを志望しました。
農薬の知識は皆無で不安でしたが、店長やスタッフのみんなが、嫌な顔をせずに手を貸してくれるので、とても働きやすく、助かっています。「自分の所も大事だが、店全体で考えることも大事。協力しあおう」というのが店長の考え方です。現在は産直市場の担当で、生産者と連絡を取りながら野菜や果物の出荷をお願いしています。「今回の野菜はすごく売れましたよ」との報告に返してくれる農家の人の笑顔は、いつまでも忘れられませんね。今後は、生産者とコミュニケーションをより密にしながら、取扱いの種類や量を増やし、売り上げアップに結び付けたいと思います。
家庭では、帰宅時間も早くなり食事も全員で楽しめるようになりました。洗い物をするなど家事を手伝う時間も増えました。仕事場も家庭も笑顔の毎日です。

株式会社おてんとさんイメージ4_3
  • 藤村 正彦さん(34歳)
  • 出身地/宮城県古川市

<会社概要>

株式会社おてんとさん

  • 業種/農業資材の専門店
  • 業務内容/レジ・商品陳列・発注・在庫管理・商品の販売・清掃・その他付随する基本的な業務
  • 設立/平成12年1月
  • 資本金/5,000万円
  • 代表者/髙橋 榮吾
  • 従業員数/160名
  • 所在地/宮城県大崎市古川休塚字南田9
  • 電話/ 0229-27-1070
  • WEBサイト/http://www.otentosun.co.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社おてんとさんイメージ5

農業に興味があって、ヤル気や探究心のある人に来て欲しいですね。専門知識は社内研修や現場研修、本部研修などで習得できますので経験は問いません。現在、事業領域や店舗の拡大を計画していますので、会社の成長と共に自分の成長を感じながら仕事ができますし、いろいろな所に自分の力が発揮できるチャンスがあります。目標に向かって挑戦する気持ちを積極的に応援しており、成長志向を持って本気で勉強すれば自ずと結果がでます。現に5年位で店長になった女性もいます。

人事部部長
畠山 智明さん