株式会社オノデラコーポレーション

スタッフにとっても居心地が良くて、
夢が見つかる、幸せなお店を目ざして。

専務取締役 小野寺 靖忠さん

当社は、コーヒーショップ「アンカーコーヒー・フルセイルコーヒー・マザポートコーヒー」を経営しています。気仙沼市で開業し、現在宮城県内に7店舗、岩手県に1店舗、東京都内に1店舗営業中です。私は気仙沼の高校を卒業後にアメリカの大学へ留学し、ヨーロッパで就職し、27歳の時に帰郷して水産物の輸出入業を営む現在の会社に入社しました。しかし、海外で体験したカフェとともにある生活が忘れられず、2005年にコーヒー事業部を立ち上げました。長期の海外出張の合間にスペシャルティコーヒーについて研究してアンカーコーヒーを開業。「コーヒーを提供しているのではなく、コーヒーがあるライフスタイルを提供する」が私たちの理念です。うちのカフェでどのような「アンカー体験」をしていただき、生活に彩りをそえていただけるのかを重視したお店でありたいと思っています。出店したコミュニティのみなさんのマザーポートとなり生活に彩りを加えられるようなお店でありたいと思っています。
クルー(乗組員、当社社員のことです)には、お客様には「自分の親友の友達」が来店されたと思って接しなさいと話しています。自然に笑顔で接し、自分も仲良くなれるはずだと期待した優しい接客ができるようになるのではないかと思っています。「アンカー体験」とはクルーとお店がセットなのです。あの人がいるから、好きだからこのカフェに通いたいと思っていただけるようなコミュニケーションをお客様と取ることを勧めています。もちろん、きちんと線を引くことを前提としてですが。
また、働くクルーにとっても居心地が良くて、夢が見つかる、いいお店であることを大事にしています。幸せでないとお客様に上質の「アンカー体験」をしていただくことは不可能です。お店がある街が楽しい街になるには、まずは自分たちが楽しまないといけません。「自分が笑顔の出発点となる」ようなお店にしていきたいと思います。

株式会社オノデラコーポレーションイメージ1

本格コーヒーの香りいっぱいの店内の様子。

株式会社オノデラコーポレーションイメージ3

アンカーコーヒーマザーポート店を象徴する「イカリ」の前で。

中堅社員が語るキラリVOICE

愛知県の大学を卒業して3年前に入社しました。気仙沼を旅行で訪れた時に、住みたいな町だと感じました。ここなら楽しく過ごせると思ったのです。気仙沼でぶらりとアンカーコーヒーに立ち寄った時に、いろいろな年代のお客さんがいて、みんなが楽しそうに飲食している姿を見て、「こういう場所っていいな」と思ったのが入社を決めた理由です。
3年目の今年キャプテン(店長)になりました。今まで自分の事しか考えないで気まぐれな生き方しかしてこなかった私ですが、キャプテンになり、どうしたらスタッフが楽しく働き続けることができるかを考える日々を送っています。困った時には、上司や同僚に相談してもやもやを解消しています。気軽に相談できる雰囲気がいいですね。
今度、新しいお店が気仙沼市内に開店し、現在のスタッフと移ります。市内の人はもちろん市外からもたくさんお客さんが来てもらえるお店にどうしたら出来るか、今一生懸命考えています。みんなが私たちのお店に来て、楽しい時間を過ごし、リラックスしていただいて、「今日ここに来てよかったな」「今日はいい日だった」と思ってくれたら最高です。
趣味は休日の長距離ドライブです。先月、イベントの見学に山形県までドライブしてきました。先日は登米に狂言を観にいきました。休みのたびに違う世界に触れ、リフレッシュしています。「気仙沼は楽しい町」という思いは3年経った今でも変わりません。

株式会社オノデラコーポレーションイメージ4
  • 後藤 陽菜さん(25歳)
  • 出身地/愛知県
  • 趣味/ドライブ

<会社概要>

株式会社オノデラコーポレーション

  • 業種/水産漁業商社、飲食業
  • 業務内容/コーヒーショップの経営・運営、コーヒー豆の輸入、オリジナルブレンド、タンブラーといった商品の制作・販売、船舶漁労機械及び水産物の輸出入
  • 設立/平成9年
  • 資本金/600万円
  • 代表者/小野寺 忠夫
  • 従業員数/60名
  • 所在地/宮城県気仙沼市舘山1-6-31
  • 電話/0226-23-8091
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社オノデラコーポレーションイメージ5

何か一つでも好きなことを持っていて、人とかかわるのが好きな方ですね。何かにこだわりを持っている人は話が面白いし、お客様も話しやすいですね。また、日常の中で自分が笑顔でいられる状態をつくり、周りも笑顔にできる人。自分が笑顔であれば周りも笑顔になります。当店は、生活の中でコンセプトをもったブレンドを提供しています。フィッシャーマンズブレンドは、漁師が早朝の仕事にかかる前に最初に飲むコーヒーをイメージしています。自分も漁師の気分でつくる、そんな楽しい雰囲気を持てる人がいいですね。

専務取締役
小野寺 靖忠さん