株式会社新澤醸造店

地道な改善こそが
究極の食中酒をつくる
ただ一つの道。

代表取締役 新澤 巖夫さん

当社は1873(明治6)年、現在の大崎市三本木町で創業した酒蔵です。2011年の東日本大震災で蔵が全壊し、その年の11月に製造拠点を川崎町へと移しました。蔵を建て直すことも検討しましたが、いつまたやってくるかわからない震災のリスクや、毎年2,000万円近くかかる修繕費を考えると、ベストな選択肢ではない。よりおいしい酒を、より多くの方にお届けするためには場所を変えてでも、品質向上に注力していくべきだと考えたんです。
そこからは、酒づくりの工程を一つひとつ見直し改善を進めてきました。例えば蒸かした米を釜から取り出す作業。男性2 ~ 3名でやっても40分近くかかる作業で、取り出し切る頃には底の方の米はべちゃべちゃになってしまい、品質劣化の原因になります。機械を導入し10秒ですべて取り出せるようにし、作業コストの削減と品質向上を同時に実現しました。他にも、送風ホースで米をタンクに送ったり、タンクのある部屋を一定の低い温度に保ったりと、さまざまな改善を行いました。必要に応じて機械化もしていて、見た目には「工場」のようですが、同業者の方々から年間500件も見学の依頼があったり、コンテストでのランキングも着実に上がってきていたり、この選択が間違っていなかったと確信しています。また、お客さまのお口に入るときに味のピークを持っていけるよう、出荷後3ヶ月経過した商品は回収するなど、流通過程においても徹底した品質管理を心がけています。
古くからの定番である「愛宕の松」、究極の食中酒を目指し2003年よりつくり続けている「伯楽星」を柱に、より多くの方においしいお酒を届けるべく、社員一丸となって品質向上に取り組み続けています。

株式会社新澤醸造店イメージ1

全国最年少の女性杜氏。

株式会社新澤醸造店イメージ3

2大ブランドの伯楽星と愛宕の松。

中堅社員が語るキラリVOICE

当社のことを知ったのは、大学のアーチェリー部の試合で宮城県を訪れ、伯楽星を飲んだことがきっかけでした。当時からお酒が好きで、大学 4 年にして全国各地のさまざまなお酒を飲んでいましたが、その透明感で一気に好きになりました。その後大学院に進学し、迷った末に公務員など別の業界を目指し就職活動をしていたんですが、担当教官を通じて社長の新澤と面会する機会をいただき、人柄と会社の方針に惚れ込み「ここで働きたい」と思いました。その時点でほとんど心は決まっていましたが、「人生を左右することだから」と 3 月まで意思決定の猶予をいただけたことも、東京から出て暮らした経験のない私でも安心して頑張れる、と決意する大きな要因になりました。
自分が大好きな伯楽星というお酒のよさを、多くの人に知ってもらう仕事がしたいと思い入社し、その希望通り、現在は試飲販売会などのイベント出たり、社長や専務とともに外回りをするのがメインの仕事です。社内にいるときは、採用や取材対応など外部の方とのやりとりが主な仕事ですが、忙しいときにはラベル貼りなど製造現場に入ることもあります。大きな組織ではないので、それぞれが持ち味を発揮し合い、足りないところを補い合うことが求められます。そのため、当社では社員と役員とが対話しやすい環境を整えていることはもちろん、共有の課題管理シートを通じて課題の共有・解決に取り組んでいます。いきいきと働ける職場をつくり会社を成長させていくために、積極的に意見を出し行動に移せる方は、当社のスタイルにとても合っていると思います。取扱店さんとのやりとりを少しずつ任せてもらえるようにはなってきましたが、自分が思い描く姿には届いていません。もっと仕事を任せてもらえるよう、好きなお酒の仕事を楽しむ心を大切に、研鑽を重ねていきたいと思います。

株式会社新澤醸造店イメージ4
  • 戸田 麻子さん(29歳)
  • 出身地/東京都
  • 趣味/お酒、料理

<会社概要>

株式会社新澤醸造店

  • 業種/酒類製造業
  • 業務内容/日本酒(伯楽星、愛宕の松等)、リキュール(和りきゅーる:紅茶酒、ヨーグルト酒、梅酒)の製造
  • 設立/明治6年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/新澤 巖夫
  • 従業員数/35名
  • 所在地/宮城県大崎市三本木北町63番地
  • 電話/0229-52-3002
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社新澤醸造店イメージ5

やる気以外に、必須のスキルや経験は特にありません。ただ、当社は勤務時間が短いため、その中で効率よくチームとして働くためのコミュニケーション能力、勤務時間外での自己研鑽力が活躍のための鍵となります。また、得意なことを発揮し合い、苦手な部分を補い合えるチームであることを大切にしているため、すべてにおいて平均点を取れる方よりも、0点の部分があってもある部分で120点を取り続けられる方が活きる会社だと思います。

代表取締役
新澤 巖夫さん