株式会社みらい造船

三陸の水産業を支え、100 年先へ続く企業へ。
最新鋭の工場と技術の継承で、「みらい」を拓く。

代表取締役社長 木戸浦 健歓さん

「100年続くような会社をつくろう」と、東日本大震災で被災した気仙沼市の造船4社が合併してみらい造船は生まれました。各会社の得意分野を用いることで多種多様な造船能力を持つことができ、船主さんたちの選択肢も増えます。単に船を造るだけでなく、船主さんの夢を提案し、形にするなど、より専門性の高いサービスの提供も可能になります。
このほど漁船を専門に建造・修理する工場としては東北最大級の工場が完成しました。この最新設備のもと、若い社員がベテラン社員の技術を吸収しながら次代を担う優れた技術者として成長して欲しいですね。今、会社は種を蒔いて芽が出た状態です。果実が実るまで長い時間がかかりますが、中堅の人は次世代の人を実らせるのが使命と考えています。
日本の水産業は成長産業でポテンシャルがあります。また、単に効率的に魚を獲って高く売ることだけを考える北欧諸国などと異なり、日本には四季や風習、自然環境を大切にした魚食文化が地域ごとに息づいています。私どもは100㌧~ 500㌧未満の魚船造りを得意としており、このクラスの船を総合的に提供できるのは全国に7社しありません。造船を学ぶ大学や高校が少なくなるなか、船づくりに興味を持つ若い人と共に、水産業や魚食文化の未来を支えていくことも当社の「みらい」ともいえるでしょう。
船主さんや地域が求めるものを見すえながら、当社ならではの技術を活かし、異なる領域に挑戦することも考えています。そういう意味でも、当社の未来には様々な選択肢があるともいえます。それはチャレンジ精神に応えるフィールドを持っていることであり、挑戦することに楽しさを感じてもらえることこそが、果実を実らせる栄養のようなものと思っています。また、会社はラグビーチームのようなものであり、メンバーである社員が一丸とならないと勝負に勝てません。がっちりとスクラムを組んで、三陸の水産業を支えていきましょう。

株式会社みらい造船イメージ1

人手が足りない時は時々手伝います。

株式会社みらい造船イメージ2

顔が見えなくても笑顔の対応を心がけています。

株式会社みらい造船イメージ3

私より大きい機械も数多くあります。

中堅社員が語るキラリVOICE

学生時代に気仙沼に遊びに来て好きになり、移住することにしました。居心地が良かったんですね。仕事選びに悩みましたが、合同説明会でみらい造船の社長の「気仙沼の産業を下で支える企業」であることに誇りを持つ姿に惹かれました。漁業のまち気仙沼にとって船は必要不可欠です。将来、家庭を持ち子育てをしたい街だからこそ、気仙沼を支える仕事をしたいと思いました。現在、資材課で造船に必要な材料の発注、管理に携わっています。材料が無いと船は造れませんので責任感を感じる毎日です。でも、造船所で働いている人の姿は最高にかっこよく、みんなの船造りにかける熱い気持ちが伝わって、自分ももっと役に立ちたいと心から思います。ベテランの人たちが若い人に親身になって教えて、技術を伝えようとしている姿にも感動を覚えますね。 現在シェアハウスに住んでおり、周りの友達にいつも助けらながら暮らしています。気仙沼のいいところは人で、他地域から来た人も快く受け入れる雰囲気があります。友人もたくさんできました。地域の太鼓のサークルに入り週2回練習しています。気仙沼は太鼓の団体が多いんですよ。地区の夏まつりに呼ばれたり、イベントも多い地域なので活気があり、いつもワクワクさせられます

株式会社みらい造船イメージ4
  • 稲葉 美羽さん(24歳)
  • 出身地/静岡県

<会社概要>

株式会社みらい造船

  • 業種/造船業
  • 業務内容/新建造船、修繕船
  • 設立/2015年5月1日
  • 資本金/2,330万円
  • 代表者/木戸浦 健歓
  • 従業員数/131名
  • 所在地/宮城県気仙沼市朝日町7番地5
  • 電話/0226-25-8984
  • WEBサイト/http://miraiships.co.jp/
掲載日(令和元年12月)

求める人材像

株式会社みらい造船イメージ5

部署は特定していません。造船や水産業に興味がある人ならまず門を叩いてみてください。造船業から想像できる仕事は大体揃っていますので、設計をやりたい、マネージメントをやりたい、クレーンを動かしたいなどの希望や能力に合わせ、適材適所で仕事ができるようにしています。専門技術保有者には、強みを発揮していただく部署に就いていただきます。「ウサギとカメ」のカメのようにコツコツやることを厭わず、最後に成果を挙げる、そんな方を望んでいます。

代表取締役社長
木戸浦 健歓さん