株式会社向陽エンジニアリング

技術力を誇る県内唯一の
パーツフィーダ製造企業
今後はロボット分野の開拓も。

代表取締役社長 山本 克己さん

当社は工場の生産設備を作る会社です。設備のパーツを単品で納める場合もありますし、設備一式をセットで納める場合もあります。その中で特にパーツフィーダの分野では県内唯一の企業として、全国の大手メーカーへ製品を納入しています。パーツフィーダとは、振動を利用して「ボウル」と呼ばれる部分でパーツを一定の向きに揃える仕組みで、製造ラインの効率化に大きく貢献しています。自動車関連、医療、食品など幅広い業界からの注文がありますが、多種多様な個別の顧客ニーズに対応するため、作り出すものは一品一様、その都度、綿密な構想や柔軟な発想が必要になります。それだけに「ものづくり」に関心がある人には、やりがいと面白さが感じられる仕事だと思います。少子高齢化による人手不足が進む中、工場の自動化へのニーズが高くなっています。そのため、パーツフィーダも引き続き成長が見込める分野です。
さらに当社では、現状にとどまるだけでなく次代を見据えて生産ラインで使うロボット技術の研究開発にも力をいれています。昨年は、0.5ミリの芯を正確にシャープペンシルの穴に差し込むような細かい作業をするロボットアームのデモ機を完成させました。今年は、この制御技術をベースに映像と記憶の性能をプラスして、さらに進歩したデモ機2号を完成させる予定です。
2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災など、大きな苦境を乗り越えて今があります。さまざまな不安から一度は退職したり転職をした人たちも、業績が戻ったころには、ほとんど全員が当社に戻ってきてくれました。会社としては本当にうれしいことです。
充実した機械加工設備を自社に持ち一貫生産体制が取れることと、多様なニーズに対応できる独自の技術開発力が当社の強みだと考えています。

株式会社向陽エンジニアリングイメージ1

パーツフィーダの組付けを行っています。

株式会社向陽エンジニアリングイメージ3

今年入社新人3名を含めた若手社員です。

中堅社員が語るキラリVOICE

もともと、自分は機械とか、ものづくりの仕事でした。それでハローワークで紹介されたのですが、最初は何をやっている会社かよく分からずに面接を受けました。図面を渡されて、その通りに作っていく仕事だと思っていたのですが、そうではなく、作業者一人一人が自分のイメージから創り上げていく、という説明を聞いて興味をもちました。
はじめの1、2年は試行錯誤の連続でしたが3年目ぐらいから、自分の考えが形になる手ごたえが買感じられるようになり、仕事が面白くなりました。基本的に1物件を1人で担当するので、やりがいも責任も両方ありますね。
経験や専門知識がない人でも、入社してから成長していけるのが、この会社の特徴かもしれません。悩んだ時は、一人で抱え込まずに先輩に聞くのがいちばんです。社長の考えでもあるのですが、熟練の先輩たちが、蓄積した技術を自分のものにするのではなく、社員みんなで共有できるように後輩に伝えていくというのが社風のひとつです。
自分たちは、パーツフィーダをはじめお客様が求める工場の生産設備を作っているのですが、実際にどこでどのように使われているのか、エンドユーザーは分からないことも多いです。まれに自分で作ったものを直接納品に行くこともあって、そういう際に現場でうまく稼働して、お客様が喜んでくださる姿に接すると「やっててよかった、努力が報われたなあ」と思います。やりがいを感じるのはそういう時です。
入社11年目になる現在は、責任ある立場を任されるようになりました。これからは、よりよいものをより効率的に作るため、一人ひとりのイメージをマニュアル化することを考えています。
石巻は冬でも雪が少なく、住みやすく、ドライブにいい場所もたくさんありますよ。若い人たちとコミュニケーションを取りながら、ともにいい仕事をしていけたらと思います。

株式会社向陽エンジニアリングイメージ4
  • 梶谷 峻一郎さん(31歳)
  • 出身地/石巻市
  • 趣味/ドライブ

<会社概要>

株式会社向陽エンジニアリング

  • 業種/製造業
  • 業務内容/自動機の設計 ・ 製作、パーツフィーダの設計 ・ 製作、半導体精密加工部品の製作、精密機械加工、部品加工、他
  • 設立/1989年
  • 資本金/2,500万円
  • 代表者/山本 克己
  • 従業員/30名
  • 所在地/宮城県石巻市北村字大尻三3-1
  • 電話/022-777-1351
  • WEBサイト/http://koyogroup.net/ko-eng/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社向陽エンジニアリングイメージ5

「ものづくり」が好きな人であれば文系の人でも問題ありません。現在、工業系の出身者は全社の3割ほどです。入社時はまったく何もしらない状態の人がほとんどですが、1から指導します。優れた構想力や技術力は、個人が囲い込むんではなく共有し教育して伝えていくことが重要だと考えています。ですから、3年目ぐらいで難しいパーツフィーダの仕事も1人前にできるようになります。これからはロボット技術を研究開発したいという人材も歓迎です。

代表取締役社長
山本 克己さん