小泉商事株式会社

種子から販売までトータルコンサルティング。
AIを活用するスマート農法も視野に。

代表取締役社長 菊地 正浩さん

当社は、水稲や園芸を病気や害虫から守る薬剤や、雑草防除剤、作物の肥料、種子、大型ハウスなどの施設などを扱っています。ちなみに、現在、日本で市販されている農薬は、動物に毎日長期間与えても悪影響がないことが確認された量の最大値(無毒性量)に、安全係数(1/100)をかけたものを、人の一日の許容摂取量として定められています。そのため、農薬本来の目的に従って使用基準を遵守すれば、まったく問題ありません。作物の安定供給には、農薬の適正使用が必要不可欠であることをお伝えするのも、当社の社会においての役割の一つと考えています。
あまり知られていませんが、無人ヘリコプターを使っての直播(じかまき)や、松島の松の防除、 JR 鉄道の除草剤の散布、ゴルフ場のコースの管理のアウトソーシングも行っています。その他にも、無人ヘリを使っての低コスト化や省力化を検討中です。
また、独自の農業資材の開発、経営や販売ノウハウのマニュアル化などにも取り組んできました。 AIを活用するスマート農業を取り入れた提案もして、新しい時代の農業を確立していきたいと考えています。
当社の関連会社には農業法人もあります。周辺の農地では高齢化が進んでおり、残念ながら農業をやめる方も多いです。地域の農地を守るためにも、収益を上げることのできる農業のモデル法人となることを目指しています。
さらに農作物の6次化や、産直センターも行っています。
日本は少子化が問題になっていますが、世界的に見れば人口は増えている状況です。今後、食料を輸入できなくなる可能性もないわけではありません。自国の食糧は、自分たちで作る必要があります。そのためには、まず当社の農業コンサルティング能力を高め、地域の JA や民間企業と手を取り合って、農業の後継者を育て、支えていきたいと考えています。

小泉商事株式会社イメージ1

職場は役職に関係なく挨拶が飛び交っており、毎日笑顔の絶えない明るい環境です!

小泉商事株式会社イメージ3

県内で2店舗展開の農産物直売所では、地域で採れた新鮮・安全な四季折々の野菜を販売してます。

中堅社員が語るキラリVOICE

私の実家では農業を営んでいます。東京から移住して手伝っていたとき、栽培した農作物の販売や、6次化に挑戦してみたいと思うようになりました。しかし個人ではできることに限界があります。小泉商事は生産者へのサポートや加工品の販売、直売所運営などをしていたので、経験を積みたいと思って入社しました。
現在の業務は、海外企業と交渉したり、お米のパックや米麺などの加工品の企画開発をしたりと、多岐にわたっています。様々なプロジェクトの企画は、特に力を入れている業務です。当社は、時代を先読みした事業を展開してきたからです。例えば無人ヘリコプターは、当社で10年以上前から取り組んでいます。その当時は有人ヘリコプターが全盛の時代だったそうですが、今は逆になっています。自律飛行も可能で、操縦しやすくなりました。また、無人ヘリは、今まで除草剤の散布や種を播くことに使われるのがほとんどでしたが、今後は上空から農地を撮影し、その生育状況を見て、使う肥料を判断するなど、多様な活用方法が検討されています。
当社の魅力は、新しいことにチャレンジできるところだと思います。また、今までの経験が生かせるところに、やりがいを感じています。学生時代にアメリカに4年いたことや、実家の農業を手伝っていたことが、今の仕事につながっていると思っています。今後は、企画・立案のときの経験も活用できるかもしれません。
今、農業業界は変革の時期を迎えています。人手不足を補うために、無人ヘリコプターはもちろんドローン、AIなどを使うスマート農業が、国から推奨されているのです。お客様に農業で収益を上げていただくための、時代に合わせたビジネスモデルの提案ができるよう、努力していきたいです。

小泉商事株式会社イメージ4
  • 高梨 栄次郎さん(45歳)
  • 出身地/山形県山形市
  • 趣味/スキー

<会社概要>

小泉商事株式会社

  • 業種/卸売業
  • 業務内容/農業用薬品、肥料、農業資材、家庭園芸用品、種子、産業用、無人ヘリコプターによる直播、病害虫請負防除、土壌診断
  • 設立/昭和43年3月
  • 資本金/8,000万円
  • 代表者/菊地 正浩
  • 従業員数/160名
  • 所在地/宮城県大崎市古川飯川字十文字33番地
  • 電話/0229-26-2838
  • WEBサイト/http://www.koizumi-web.com/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

小泉商事株式会社イメージ5

生産者の方々が困っていらっしゃることを伺ったり、新しい農業資材などを提案したりする営業担当者を募集しています。人と会話ができ、元気で明るく活力があり、行動できて失敗を恐れない人がいいですね。農業の知識は入社してから学べます。外出先でわからないことがあったら、電話やメールで聞くことができます。

代表取締役社長
菊地 正浩さん