気仙沼信用金庫

被災した街や企業の再建という
前人未到の業務領域に
地域密着型金融機関として尽力中。

理事長 菅原 務さん

宮城県には5つの信用金庫があって、当金庫はその1つです。営業エリアは気仙沼市を中心に登米市、南三陸町、岩手県の大船渡市や陸前高田市などです。創業は大正15年(1926年)で、気仙沼の乾物屋さんとお医者さんが「自分たちの金融機関が必要だ」と組合を作ったのが始まりです。最初の事務所は組合長の自宅だったそうですから(笑)、この時点からすでに地域密着型だったんですね。
そもそも、銀行と信用金庫では同じ金融機関とは言え、「誰の利益を優先するか?」という点において、前者は株主、後者は地元の繁栄、といった大きな違いがあります。さらに信用金庫にとって重要なのは相互扶助の経営理念です。地域みんなで助け合ってより良くなろうという考え方ですね。このためにはやはり「徹底した地域密着型」であらねばなりません。震災直後、カードや通帳はおろか、身分証明まで失っていても、お客様への現金引き渡しが可能だったのは、担当者がお客様のお顔を認証できたからです。足で稼ぐきめ細やかな営業の蓄積が役に立ちました。
一般的に信用金庫の柱となる業務は、融資、預金、為替の3つです。当金庫の場合は特殊と言ってもよいでしょう、この他もう1つ大きな業務が追加されています。震災後の復興への取り組みです。極端に言うと、1つの街が無くなってしまったわけです。ここに再び街を興すという仕事は、或る意味で誰もやったことのない仕事に挑むということですね。
震災から7年が経ち、以前とは違った課題が生まれています。単純に町工場を再稼働させればよい、という段階は過ぎました。これからは、観光、企業、行政などを取りまとめるような役割も果たさなければと考えています。おせっかいの領域が広がったとでも言いましょうか(笑)。当金庫も地元企業の1つですから、地元が栄えて経済が循環しないと私たちも成り立たないですし、それこそ支えつつ支えられつつ、地元の発展のために努めて行きたいと考えています。

地域の新規事業創出のプロジェクトについて検討を重ねる。
「こういうサポートの形はどう思います?」

本店のテラー(受付担当)は3名とも地元出身で震災後の入社。
「地元で地元のために働けて、嬉しく思っています」

平成29年(2017年)3月に新築開店した本店。
それまでは被災した旧店舗で営業し、現在その場所は駐車場に。

中堅社員が語るキラリVOICE

復興支援の仕事にもいろいろな側面がありまして、私は、通常の金融業務というよりも、企業がお金を使えるようになるための前段階を整える、みたいな仕事をしています。企画を立てたり、人と人を繋げたり、新しいことを作り出すような内容で、一般的な信用金庫ではあまり類を見ない当金庫独特な業務だと思います。
例えば、津波で流された工場を建て直して再稼働できたとしても、仕入先や卸先が他業者に取られて無くなっていたりするケースがあって、そういった工場の販路開拓や取引先のマッチングのお手伝いをしたり、創業支援のプロジェクトを立ち上げて定期講習会を開いたり、等という業務内容です。他に、市役所、地元商工会議所、当金庫、NPO法人等で連携して地方創生に取り組む事務局がありまして、私はそれのメンバーにもなっています。
私は復興最先端みたいな仕事をしていますが、実はまだ勤続4年目で、しかも生まれも育ちも茨城県なんです。当信金に転職する前は関東の地方銀行に5年間勤めていました。結婚を機に、妻の実家がある気仙沼に引っ越して、妻の地元で仕事に就こう!と一大決心をしてやって来たんです。
もともと金融の仕事が好きでしたし、キャリアも活かせると考え、当金庫ウェブサイトの求人ページから直接応募しました。こちらにも銀行の営業所は何軒もありますけど、しっかり地元に馴染んで仕事がしたかったので当金庫を選びました。もう気仙沼に骨を埋める決意で引っ越しましたので、将来的には、そうですね、老人になっても地元で知られている人になりたいですね。あ、信金にいたあの人だ、みたいな(笑)。

  • 布田 真也さん(31歳)
  • 出身地/茨城県筑西市
  • 趣味/ランニング
  • 移住歴/約4年

<会社概要>

気仙沼信用金庫けせんぬましんようきんこ

  • 業種/金融
  • 業務内容/預金業務、貸付業務、為替業務
  • 設立/大正15年
  • 出資金/7,805百万円(平成29年3月末現在)
  • 代表者/菅原務
  • 従業員数/131名
  • 所在地/宮城県気仙沼市八日町二丁目4-10
  • 電話/0226-22-6830
  • WEBサイト/http://www.shinkin.co.jp/kshinkin/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

お客様や地域の問題に対し、共に考えながら様々な壁を乗り越えることに、大きなやり甲斐を感じることができる仕事です。なので、ポジティブ思考でチャレンジ精神がある人が望ましいですね。信用金庫の役割は、人と街を繋ぎ、地域の暮らしを支えることです。そんな地域社会の未来を創っていけるような仕事に挑戦してみたい方をお待ちしています。

人事部副部長
小野寺 康弘さん