株式会社カネダイ

失敗してもいいからやってみよう!
創業時代から続くチャレンジ魂で
ワールドワイドに事業を展開。

代表取締役社長 佐藤 輔さん

創業は昭和17年(1942年)で漁業から始まり、気仙沼港に入港する船の漁獲物の販売やお世話などをする問屋業、燃料となる石油やマグロのエサを販売する事業等を展開してきました。
気仙沼では250年以上前から、江戸との交易が行われていたんですね。8代前の先祖はその交易の途中嵐に遭遇し、中国舟山に漂着し救助され戻してもらったという史実があり、その頃から海に生きてきました。
社名の「カネダイ」は先代が仕事を始めた時の屋号なんですよ。
やがて弊社はカニやエビの加工と販売も行うようになり、現在の漁業部、廻来船部、石油部、ガス機器部、水産食品部の5部門からなる会社構成に至ります。
ちなみに漁業はインド洋を中心にマグロ、大西洋でカニ、気仙沼近海での定置網によるサケが中心です。
現在カニ漁はアフリカのナミビア共和国での合弁で行っています。
上記5部門の一つである「水産食品部門」は弊社売上の約6割を占める重要な部門です。「カニを冷凍のままの状態で殻を外す」という特殊なむき身加工の技術開発に成功し、28年前には中国にも進出、その10年後独資の工場を建設しました。
30年ほど前、二百カイリ問題が起きて遠洋漁業船が激減しましたから、水産加工に事業展開の比重をシフトさせたのは今になって思うと良かったですね。
70年程昔の話になるのですが、近海トロール船の優秀な船頭がおりまして、先代の社長に「海底にはもっと魚がいる」と話をしたら、先代は長いロープを早速用意して魚を獲った、しかも大漁だったというエピソードがあるんです。
海外に工場をつくったのもそうですが、可能性があればどんどん挑戦していく姿勢はとても大事です。社員に我が家のDNAは流れていませんが(笑)、会社としてこのような姿勢は今後も持ち続けて貰いたいなと思っています。
これからの若い人に期待したいですね。

新しいオフィスで、毎日活発なやり取りが交わされています。

エビ・カニの様々な商品ラインナップがあります。

2017年3月に稼働し始めたばかりの本社工場です。

中堅社員が語るキラリVOICE

弊社では勤続11年目で、課長職に就いたのは一昨年です。現在は4人のチームでエビを担当しています。原料の仕入れや生産管理が主な仕事で、月1回ほどのペースで中国の自社工場に出張して現地打合せも行っています。実際に現地に行くのと行かないのとではやはり打ち合せの密度が違いますからね。
私は転職組みで、以前は仙台や札幌で事務機器関係の営業をしていました。実家が気仙沼でしたし、長男というものもあって、いつかは地元に帰ろうとずっと思っていたんです。就職活動は前の会社を辞めてから気仙沼で行いました。
地元で就職するという個人的な念願はひとつ叶いましたので(笑)、仕事ではというと、ヒット商品を産み出したいですね。なので出張先ではできるだけいろいろな海産加工品やご当地料理を食べて(笑)リサーチしています。自分たちの設備の中で出来ることは限られていますから、何でも作れるわけではないんです。とは言え、ご家庭向きの小売商品から、大手外食チェーンや輸出向けまで、商品ニーズは多いですからね、チャレンジしていきたいです。
これは気仙沼という地域の特性かもしれませんが、遠洋漁業の船員や貿易関係業者は親戚や友人にもいて、さほど珍しくはないんです。そのせいか、外国、海外、遠い、ということに抵抗が無いというか、言葉の壁はハードルにならないというか(笑)。弊社の商品はアメリカ、東南アジア、中国でも販売されていますし、港町気仙沼という地元感と、海外とのやり取りという国際感と、両方を体感できる良い職場だと思いますよ。

  • 伊藤 直之さん(36歳)
  • 出身地/宮城県気仙沼市
  • 移住歴/11年

<会社概要>

株式会社カネダイ

  • 業種/水産業、商社(石油)
  • 業務内容/水産食品の加工・販売、石油・ガスの販売、ガス機器の販売
  • 設立/昭和30年
  • 資本金/1,200万円
  • 代表者/佐藤 輔
  • 従業員数/120名
  • 所在地/宮城県気仙沼市川口町一丁目100番地
  • 電話/0226-22-2480
  • WEBサイト/http://www.kanedai-kesennuma.co.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

今回は「水産食品部門」での募集になります。職種は営業と業務です。営業は加工品の文字通りの営業と、エビ・カニ以外の新しい食材部門を育成するような仕事です。海外出張もあるので、元気で行動力のある人が望ましいですね。業務は、主に社内システムの効率化を進めるような内容なので、コンピューター関係に詳しいIT業界経験者は優遇します。

常務取締役
藤村 昭彦さん