一般社団法人カイタク

新しい発想と、熱い思いで
東日本大震災の被災企業を応援。
仕事の自由度が高い次世代企業。

代表理事 山野目 真悟さん

東日本大震災を経験したのは石巻市内の銀行で業務中の時でした。その後、石巻市の事業に参加して、石巻の商品の販路開拓のために、全国を奔走していましたが3年半続いた事業が終了することが決定。「まだこの仕事は必要とされている」と感じた私は当時の仲間と一緒に、会社を設立しました。
「販路・ひと・未来の開拓サポーター」をスローガンとして掲げ、地元企業の「売上貢献」「人手不足の解消」「新規販路の創出」をサポートさせていただきながら、会社としての利益も上げています。当社の特徴は、トップダウン経営ではなく、自分たちで考えて仕事をつくるスタイルにあります。各自が納得のいく仕事をしていくなかで、新しい方々と出会い、そこからまた新しい仕事や商品が生まれていくのかなと感じています。メンバー間の結束は強く、それぞれの得意分野を生かして協力しあう体制も整っています。
2017年には宮城県登米市の酒造会社様と共同でノンアルコール飲料「澤乃泉サイダー」を開発しました。日本酒の酒粕パウダーを活用しており、第4回新東北みやげコンテストで、「アイディア特別賞」を受賞。最近では石巻企業の特色を生かした「石巻押し寿司」を企画。消費者の目線から面白い商品を開発し、成功事例を増やして、多くの方に喜んでいただけるよう努めていきたいと思っております。
宮城県の復興は、ハード面は進んでいるように見えます。瓦礫の山があったところは 更地になり、復興住宅も建設されました。しかし、被災地の製造業をはじめとした企業 は、人手不足などの影響もあり、これから大変な時期を迎えます。微力ではありますが、経営のお手伝いをさせていただき、将来的には、地域の方々に頼られる存在になりたいと考えております。

第4回新東北お土産コンテスト参加時の様子。

地元企業様を対象に独自で販売セミナーを開催。

デザインはのれんからPOPまで多岐にわたる。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は東日本大震災後、代表理事の山野目とともに石巻の事業に参加していました。その後、当時の仲間とこの会社を設立し、チラシや名刺、商品ラベルなど販促物のデザインや商品撮影、たまに販売にも出ています。かつて他の市のデザイン会社で10年ほどデザイナーとして勤務していました。その経験を私が生まれ育った石巻、ひいては宮城県のために生かせることを、とても嬉しく感じています。
お客様は石巻の企業の方々が中心です。この地域は、日本有数の港町として発展してきました。その一方で、商品のラベルやパッケージを何処に、どのようにして依頼したら良いか分からない企業様が多くいらっしゃいます。
ご担当者と直接お会いして、デザインの提案をしています。間接的な情報だと、大事なところが抜け落ちてしまう可能性があるからです。何回も打ち合わせを重ねたり、雑談をしたりしていると、様々なアイディアや意見が出てきます。私の考えを押し付けることなく、お客様の想いを形にできているような気がします。
実際に、私がデザインしたラベルやパッケージをお客様に喜んでいただいたり、「ラベルがこの地域に定着して、会社の顔になってきた」と言っていただいたりするときもあり、この仕事に自信を持つことができました。
石巻には発信できていない、魅力的で美味しいものが沢山あります。商品の売り上げに貢献できるよう企業様に寄り添ったデザインを心がけて行きたいです。

  • 新田 喜子さん(30歳)
  • 出身地/宮城県石巻市
  • 趣味/写真撮影

<会社概要>

一般社団法人 カイタク

  • 業種/サービス(その他)
  • 業務内容/販売事業、地域商社事業、デザイン事業
  • 設立/平成28年
  • 基金/100万円
  • 代表者/山野目真悟
  • 従業員数/5名
  • 所在地/宮城県石巻市大街道南2-11-5
  • 電話/0225-24-6529
  • WEBサイト/http://i-kaitaku.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

私は「何をするかよりも、誰と働くか」を大事にしています。同じような仕事観を持っている方に来ていただきたいです。また、当社は自分で仕事をつくる仕組みなので、仕事の仕方や勤務時間の自由度が高いです。プライベートを充実させたり、体調を整えたりしながら、メリハリをつけて働けます。経営感覚を持ち、失敗を恐れない方が、力を発揮できる場とです。「被災地の企業を応援したい!」という熱い思いがある方をお待ちしています。

代表理事
山野目 真悟さん