有限会社伊豆沼農産

地域の「人」「もの」「環境」を資源に
持続可能な「新しい農村産業」を確立していく。

代表取締役 伊藤 秀雄さん

当社は「農業を食業に変える」を基本コンセプトとして創業し、今年で30周年を迎えました。ハム・ソーセージの加工、レストラン、産直店、食農体験教室、都会の人と農村の人が交流する機会の創出など、様々な事業を展開しています。
私は、これからの農村は、地域以外の人と交流することによって成り立つと考えています。そのビジネスモデルを伊豆沼地域に構築するために、数年前から力を入れているのが、「インバウンド農泊」です。2018年には、キルギス、台湾、香港、上海の方々が参加してくださいました。私はインバウンド農泊は、当社がゲートウェイ的な存在になり、地域のみなさんと一緒に産業化していくものだと思っています。主役は、地域のことを昔から知っているご高齢の方々です。都会や外国にないような、純粋な田舎らしさを前面に出していくことが鍵となります。この地域には、豊かな自然の中で育まれた美味しい農作物があります。そして、美しい蓮の花や渡り鳥の飛来で知られる伊豆沼に、毎年、たくさんの方々が訪れます。当社は今まで気づいていなかった地域の魅力を発掘しながら「人」「もの」「環境」を組み合わせて、「新しい農村産業」を築いていくことを目指してきました。今後も、地域のためにも、この事業が当社の主軸の一つとなるよう努めていきます。
また、より一層の食品の安全性確保のために「HACCP」の認証取得にも取り組む予定です。
事業をするうえで大切にしているのは、当社があることで、どれだけこの地域が豊かになるだろうかと問い続けることです。持続可能なビジネスモデルを構築することで、東北をはじめ全国の新しい農村産業の確立に、貢献したいと思っています。
■ 経営理念
人と自然へのやさしさをもとめて……
「農業を食業に変える」を原点に、精いっぱい地域の人と自然の恵みに感謝します。
● 私たちは、安心できる農業・食を基本に、地域の「人」「もの」「環境」の価値を再発見し、最もふさわしい「産業」を創造し続けます。
● 私たちは、志を共にしてお互いを尊重し、やさしさと笑顔の絶えない「場」を作り、共に成長し続けます。
● 私たちは、精いっぱい環境にやさしい活動を行い、豊かなそしてすばらしい自然を子供たちに繋ぎます。

有限会社伊豆沼農産イメージ1

敷地内にやぎ牧場があり、近づくと寄ってきてくれます。

有限会社伊豆沼農産イメージ3

地元の野菜や米、お肉など販売している直営の農産直売所。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は大学時代、地域資源をどう活かすかを学び、農業に可能性を感じていました。しかし、実家は農家ではなく、自分で一から農業ビジネスに挑戦する覚悟も持てなかったので、大学卒業後は他業種の営業社員として働いていました。その一方で農業のことが心の中に残っており、米作りのボランティアをしたり、農村に観光に行ったりしていました。
私の気持ちが大きく変わったきっかけは東日本大震災でした。東京では買い占め騒動が起こり、何ともいえない「ゆらぎ」のようなものを感じたのです。農村なら、このような騒動は起きないだろうとも思いました。自分たちの田畑があり、作物を育て、保存する蔵もあるので暮らしを守っていけます。私は、「食を通して命を守る」という大事なことを、誰かに任せきってしまっているのではないかという思いが湧き上がり、農業に携わりたいと考えました。
伊豆沼農産に入社を決めたのは、生産・加工・販売をしている会社なので、営業の経験を生かせると思ったからです。入社してからは企画室に所属し、広報や通販事業を担当しています。伊豆沼農産や地域の魅力をどのように伝えたらいいか、日々、考えを巡らせているところです。
大切にしているのは、地域の方々の思いです。当社で行おうとしている事業が、この地域に必要なものなのか、住んでいる方々が本当に求めているのか、情報を共有して、お互いの気持ちを確認しながら取り組むようにしています。
農村には、果物を収穫したときの柔らかい香りや、つきたての餅の美味しさなど「持ち出せない資源」がたくさんあります。住んでいる方も、訪れてくださる方も楽しめる仕組みをつくっていきたいです。
農村を存続させる仕事は「ゆらぎのない暮らし」に必要なことですし、やりがいがあります。「命に近い職場」である当社でともに働いてみませんか。

有限会社伊豆沼農産イメージ4
  • 佐藤 裕美さん(30歳)
  • 出身地/仙台市
  • 趣味/スポーツ観戦

<会社概要>

有限会社伊豆沼農産いずぬまのうさん

  • 業種/畜産業、専門店(フード)
  • 業務内容/畜産、加工、販売
  • 設立/昭和63年
  • 資本金/3,000万円
  • 代表者/代表取締役 伊藤秀雄
  • 従業員数/40名
  • 所在地/宮城県登米市迫町新田字前沼149-7
  • 電話/0220-28-2986
  • WEBサイト/http://www.izunuma.co.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

有限会社伊豆沼農産イメージ5

募集しているのは、生産管理者と首都圏営業社員です。生産管理者は生産工程の作成や原価計算などを行いながら、生産原価を下げ、より良い商品を開発して、社員のスキルアップができる方を求めています。首都圏営業社員の方には、首都圏に在住したまま、当社の商品を販売していただきます。食品業界の経験がある方が理想です。当社の事業理念に共感してくださる方をお待ちしております。

代表取締役
伊藤 秀雄さん