株式会社石巻水産鉄工

コンサルティングから開発、製造まで、
発注者のニーズに応えるべく
出動!ロボット事業部とその仲間たち。

常務取締役 菅原 康裕さん

弊社では、工場の生産ラインの一部で例えば、魚を洗ったり、食材を蒸気で加熱したり、茹でホタテから不要な部位を除去するような、特殊な機械や器具の製造と販売を行っています。お客様のご要望にお答えする形で、場合によってはゼロから作りますから、製作物は主にオーダーメイドの1点モノです。特殊な機械ですし、付随するメンテナンスの仕事も当然多いです。
 昭和42年(1967年)の創業当時は石巻港に寄港する漁船の修理などを行っていました。しかし1970年代後半の200海里問題の影響で漁船が激減、仕事も減る一方となりました。これはまずい!ということで、修理する物を船から水産物の加工工場にシフトしたんです。今でも石巻には工場が多いですしね。ただ、水産物は、水揚げ次第なので、これまた安定しないんですよ。そこで最近は水産物以外の食品、例えば肉や餅など、扱う範囲を広げています。
 こちらから営業をかける場合もありますが「こういう事はできないか?」というお題や相談が取引先や食品メーカーなどから来る場合の方が多く、問題解決に向けたコンサルタントに近い仕事が増えてきています。いただいたお題を弊社が中心となって、ソフトウェア会社や研究機関などと組みながら、開発・製作しています。
 お題や相談には納期と予算が付き物ですし、発注元はあれこれ要望を出しますし、異なるジャンルの専門家の方々は話しが噛み合わなかったりしますし(笑)、さらに弊社も良いと思ったアイディアをどんどん出しますし、話しをまとめるのは大変ですけど、私個人的には仕事は楽しいです。難題なほど燃えますし(笑)。なんと言っても弊社の社訓は「信頼と技術をかたちに創造する」ですからね。今後もこの姿勢を崩さず、お客様のニーズに応えていきたいと思っています。

ボイルホタテの自動ウロ取りロボット装置。

社内での板金加工作業風景。

中堅社員が語るキラリVOICE

だんだんとお客様の依頼内容が複雑化しているので、これはもうロボットの域に入るだろうと、昨年「ロボット事業部」を立ち上げました。従来の手作業をアームロボットで代替えするような「ロボットシステムインテグレーション」を構築する業務を行っていて「システムインテグレーター」とも呼ばれます。外見は昭和の町工場風情でも中身は最先端なんですよ(笑)。
私がこちらに転職したのは2年前です。先の常務の話しに出た「肉」の仕事で、チャーシューを漬け込む機械だったんですけど、たまたまご一緒した事がありまして。その後、社長から「ホタテの加工機械をガッツリ手伝ってもらえないか」というご相談をいただき、前の会社を円満退社してこちらに移りました。
前の会社では、工場の自動化や設備の設計と製作、システム設計とプログラム、などの仕事をしていました。ただ、勤続25年目にもなると管理職になって、大好きな現場の仕事は離れていくわけですよ。また、日本は今でも優れた工業国ですが、私が若かった頃に比べてここ数年間は特に新しいものが出ていないんですね。こうした何とも言えない閉塞感を抱えていたところに「新しいものを作れる現場」の話しがあったので、飛びつきました。
ロボット事業部とは言っても、部長兼スタッフ1名の、つまり私だけの(笑)部署なので、やることはたくさんあるのですが、世の中に未だ無いもの、ゼロから物を作る快感を久しぶりに味わえて毎日とても充実しています。時々工場に製品を見に来られる方がいらっしゃるんですが、みなさん機械の動作を見てびっくりするんです。その驚いた顔を見るのは至福の一時ですね(笑)。

  • 福沢 昌之さん(56歳)
  • 出身地/青森県弘前市
  • 趣味/犬の散歩

<会社概要>

株式会社石巻水産鉄工いしのまきすいさんてっこう

  • 業種/食品機械・同装置製造業
  • 業務内容/食品加工諸機械開発・製作・販売、食品工場製造ライン設計製作、スカイリフター製作・販売、ケースウォッシャー製作・販売、油圧機械製作・販売・修繕、船舶関係諸機械新設・修繕、機械レンタル業
  • 設立/昭和47年
  • 資本金/2,500万円
  • 代表者/代表取締役 菅原政幸
  • 従業員数/10名
  • 所在地/宮城県石巻市魚町三丁目4-10
  • 電話/0225-94-1141
  • WEBサイト/http://www.iste.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

実は私も転職組で以前は製薬会社の営業でしたし、必ずしも工学系や技術系である必要はありません。大切なのは「お客様が何を求めているのかを訊き出す」という点なので、ヒューマンスキルの高い人になりますね。それといちいち確認できる人。これは意外に重要で、例えば、青か水色か藍色か、特に専門分野でのやり取りは明確にしないと仕事が進まないんですよ。

常務取締役
菅原 康裕さん