株式会社一の坊

独自価値をつくりあげる企業へと日々進化
地域の魅力をスタッフが提案。

人事部部長 高橋 秀臣さん

一の坊は、宮城県を代表する温泉地で、海・山・森4つの温泉リゾート、飲食店、美術館を運営しています。時代とともにかわっていくお客様の価値観を見据えながら、それぞれのお店で、その地域を活かしたコンセプトをつくり、料理・サービス・施設を通して演出する時間と空間で、お客さまに幸せな気持ちになってもらいたいと考えています。ここにしかない独自価値をみんなでつくり、提供していくことが私たちのミッションです。
その結果、3つの温泉リゾートが「ミシュランガイド宮城2017特別版」に選ばれ、ゆと森倶楽部が楽天トラベル「オールインクルーシブ ランキング」で全国第2位、じゃらん OF THE YEAR「泊まって良かった宿 大賞 東北エリア」にゆづくし Salon 一の坊が2位、松島一の坊が3位となることができました。
今、私たちは「みんなで魅力ある 楽しい一の坊をつくろう」をキーワードに、一人ひとりが、宿のコンセプトを意識し、お客様に満足いただけるモノ・コトのアイデアを出し合って実行しています。勤続年数にかかわらず、入社1年目から、4つの温泉リゾートの合同企画にアイデアが採用されることもありました。日々お客様と接することで感じる時代の変化を、次の新しい商品や企画へつなげています。また、各店での企画運営とは別に、全体の企画運営をおこなう「営業推進本部」というセクションもあります。リピーター 5万人の会員様向けに発行するリーフレット(年間16万部程度)の企画発行や、ITシステムを活用し、WEB ページ作成、予約システムの構築などを行っています。
多種多様なセクションで協力し合って、一人が複数のセクションの業務を行うマルチシフト制や就業規則の変更で、働き方改革もすすめています。今までの宿泊業にありがちだった朝と夜に働く中抜け勤務を減らし、その日の業務が終われば帰って良いように就業規則へ改定しました。長時間労働の削減です。また、長期連休取得を実施するため、年間で休館日(年18日間)を設け、自主企画旅行への補助も実施し、社内懇親やプライベートの充実に充ててもらえるようにしました。
いっしょに、新しい温泉リゾートをつくっていきましょう。

株式会社一の坊イメージ1

働き方改革の一環、マルチシフト。セクションに縛られない様々な職務で経験を積むことが出来る(松島温泉/松島一の坊)。

株式会社一の坊イメージ3

スタッフ考案で始めたコーヒータイムは、多くのお客様に喜ばれています(作並温泉/ゆづくし Salon 一の坊)。

中堅社員が語るキラリVOICE

主にフロント業務に携わっています。2013年に入社しました。神奈川県出身で、大学では農学部で自然が人に働きかけるシステムを勉強していました。親戚が西伊豆でペンションを経営していたこともあり宿泊業に興味を持ち、一の坊の説明会で話しを聞いて面白そうだなと思ったのが、入社試験を受けたきっかけです。また、だいこんの花に宿泊したときに従業員の応対に感激した両親が、入社することを推してくれました。
だいこんの花は自家農園を所有しており、そこで自分の力が発揮できるのではとも思いました。実際、入社してすぐに野菜栽培に関わることができたし、外国のお客さまがきた時には、得意の英語のスキルが活かせることができました。畑作りでもいろいろ挑戦できるし、観光に関わる英語の知識を深く勉強できるのもいいですね。自分から関わろうとすれば、自分の得意なところで接点が持てるという会社です。
こちらに来てからは車を購入して温泉地巡りを楽しんでいます。仕事のことも、土地のことも何も知らなかった自分が、今こうして楽しく生活し、働いています。みなさんもぜひ挑戦してみてください。

株式会社一の坊イメージ4
  • 渡邉 匠さん(27歳)
  • 出身地/神奈川県川崎市
  • 趣味/温泉巡り

中堅社員が語るキラリVOICE

お客さまのご案内やお食事のサービスを担当しています。大学では美術を学びました。一の坊には美術館があり、その関係で名前を知りました。美術は一人で学んだり描いたりする機会が多いこともあり、接客業はあまり得意ではありませんでした。ただ、いろいろな職業の人、いろいろな年代の人に接するのも楽しいかな、と思い受けました。1年目は松島の一の坊でレストラン業務に就き、2年目にだいこんの花に異動になりました。ここで、本来の宿泊業務以外に、自分の特技を活かした仕事にも関わることができ、仕事の興味の幅が広がってきました。例えば、夕食の時にテーブルにセッティングするマットのイラストですね。夏のウチワの絵も私が描きました。評判がいいんですよ。一の坊は上下関係が厳しくなくフラットな関係で、意見が自由に交せる会社です。問題があれば、みんなで話し合って、より良い方向に仕事を進める姿勢がいいですね。
自炊をしていますが、蔵王は産直の施設が多く、採れたてのおいしい野菜が簡単に手に入ります。安くて、珍しい野菜をいっぱい買ってきて料理を楽しんでいます。そんな地域ならではの楽しさがあるのもうれしいですね。

株式会社一の坊イメージ4
  • 阿部 ゆうさん(27歳)
  • 出身地/仙台市
  • 趣味/料理

<会社概要>

株式会社一の坊

  • 業種/サービス業
  • 業務内容/旅館及び美術館、飲食店経営
  • 設立/1950年1月
  • 資本金/4,800万円
  • 代表者/高橋 弘行
  • 従業員数/317名
  • 所在地/宮城県仙台市青葉区花京院2-1-10
  • 電話/022-222-0177
  • WEBサイト/https://www.ichinobo.com/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社一の坊イメージ5

みんなでつくる 新しい温泉リゾート 企画・運営プロジェクトメンバー募集!
今、「モノの消費」から「体験の価値」へ求められるものが変わってきています。私達が提案する温泉リゾートはお客様が過ごす時間・空間、すなわち「体験の価値」の提供です。そのような観点で、求める人材は、独自価値(Unique value)、楽しい一の坊(Fun to work!)をつくってくれる方。具体的には、チームで活動できる方。時代や環境の変化のスピードに柔軟に適応できる方。自ら今何が必要か考えて、アイデアを出して、行動する方。何か得意なものがあるといいですね。お客さまは実に多彩で、必ず自分の得意分野が活かせるチャンスがあります。

人事部課長
高橋 勝義さん