株式会社ジー・イー・エス

大企業や一流研究機関に
生産技術や理化学機器を提供。
世界から求められる地元の技術者集団。

代表取締役社長 湯澤 哲雄さん

現代は企業のグローバル化やM&A、部門の売却などが進み、生産技術者を育てる環境を維持していくことが難しくなっています。また、ベビーブーマーが退職する時期のため、ベテランエンジニアが少なくなり、技術の継承が困難になってきているようです。大学院に進学する学生も多く、生産技術者を目指す人も減少しています。そのような状況の中で、当社は大手企業のパートナーとして、生産技術部門のアウトソーシング事業を行っています。
また、国内外の有名大学をはじめとした一流研究機関に、理化学機器も納めています。例えば、「テトラアーク式単結晶引き上げ装置」は、多種類の金属を溶かして純粋な結晶を手軽につくる装置としては世界一だと思っております。また、その装置の重要な役割を担う3,000℃で金属を溶かす溶解炉は、当社にしか製造できません。このような特殊な機器のマーケットは小さいものですが、様々な分野とクロスオーバーすることにより、新たな技術が生まれています。エポックメーキング的な新商品にも、数多く関わってきました。
当社の仕事は、最先端の技術を追い求めるので相当の努力が必要です。しかし、成長すれば、認められるので、やりがいがあると思います。能力が上がると、それに見合った仕事に挑戦していただきます。先輩技術者や設備、場所、今まで蓄積した技術などがあり、働くフィールドとして充分な環境も整っています。関東や関西はもちろん、アメリカやヨーロッパ、東アジアなどに出張する機会もあるので、優秀な方々と出会い、刺激も受けるでしょう。ご自分が一人で生きていくための力は、確実につくはずです。AIの時代になっても、スキルを持っていれば、技術者として多くの企業から求められます。
ご家族のいる地元で、世界に自分の技術を発信する生き方を選択してみてはいかがでしょう。

太陽光発電装置の追尾システムを提供。

広い作業空間の工場。

多関節ロボットの作動調整と動作チェック。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は、「ものづくり」に関わる仕事をしたいと考え、2006年6月に、当社に入社しました。
製造関係の経験がなかったこともあり、最初は部品の検品など、簡単な仕事をしていましたが、今は機械部品の発注管理を任されています。設計部門から必要な部品の図面を受け取り、加工業者を手配して見積もりを取り、予算内で購入し、期限内に確実に納品してもらう仕事です。
この仕事の難しい点は、極めて短い期間内に加工業者から納品してもらう必要があるところです。複雑な仕様の部品は、どの加工業者に依頼しても、断られてしまう場合があります。以前は、そのような状況になってしまうと自分では何もできませんでしたが、現在は、加工業者と打ち合わせを重ねたり、作り方などを提案したりして、解決できるようになりました。数多くの図面を見て、加工業者と交渉してきた経験を、活かせているのだと思います。部品の納品が遅れると製造工程に支障をきたすので、プレッシャーがある仕事ですが、世界トップレベルの技術を支えているという、やりがいも感じています。
また、私には係長としての役割もあります。忙しいときや大変なときでも自分の感情をコントロールして、良い雰囲気の中で、部下を育てていきたいです。
私自身も、上司の指示を速やかに理解して、求められていること以上の仕事ができるよう、成長してきたいと思っています。

  • 早坂裕貴さん(32歳)
  • 出身地/宮城県
  • 趣味/釣り、ドライブ、お菓子作り

<会社概要>

株式会社ジー・イー・エス

  • 業種/電子・電気機器
  • 業務内容/省力設備の設計・製作、治工具の設計・製作、理化学装置の設計・製作
  • 設立/昭和56年
  • 資本金/3,200円
  • 代表者/湯澤哲雄
  • 従業員数/48名
  • 所在地/宮城県宮城郡利府町しらかし台6丁目4-4
  • 電話/022-356-1455
  • WEBサイト/http://www.ges.co.jp/
掲載日(平成30年3月)

求める人材像

現代は、想定外のことが次々と起こっているため、柔軟な発想ができて、変化に対応できる人が必要とされています。また、当社は製造業ですので、ものづくりが好きな人だと仕事を楽しめると思います。私は、学歴がある人よりも「自分のテーマを持って勉強してきた人」に、将来性を感じます。物理学が得意な方が理想ですが、ニュートンやパスカルなど単位系のことがわかれば、会社で学びながら仕事ができます。

代表取締役社長
湯澤 哲雄さん