株式会社ダイコー

東日本大震災を乗り越え
関東にも商圏を広げる
グラビア印刷会社。

代表取締役社長 高野 真一さん

当社は昭和54年に、包装資材やパッケージの製造・販売を目的に始まった会社です。現在は関東以北を中心に、グラビア印刷やラベル印刷など、包装に関わるものをトータル的に扱っています。また、例えば飲食店を経営するお客様には、割りばしや食器、厨房用品など、関連する商品も幅広く販売しています。お客様のお仕事がさらに発展するように、情報をご提供したり、ビジネスマッチングをしたりしながら、繋がりを深めているところです。
当社は東日本大震災の際、被災しましたが、東北の復興をみすえて大型の印刷機を設置しました。高速で広幅、しかも高品質の印刷ができます。しかし、沿岸部の復興はまだ道半ばです。そのため、現在は関東圏での野菜のフィルムパッケージの受注に力を入れています。関東は、品種によっては全国一位の生産高を誇るものがたくさんあり、生産量が多いです。また、関東圏には消費者も多いので、必然的に包装の需要も多くなります。
私は東北や関東の食品売り場をはじめとした様々な場所で、当社の製造したパッケージを見かけるとき、とても嬉しく感じます。
事業をする上で大切にしているのは、意欲的になることです。仕事は、意欲を持ってやらないと、結果が出ません。私は日頃から、仕事はもちろん世の中のことに興味を持つようにしていますし、社員にもそう伝えています。得た情報を仕事に活かせれば、利益が生まれ、最終的に社員も幸せになるでしょう。
今後、工場を新設し、さらに大型の印刷機を導入する予定です。自動搬送システムをはじめとした制御システムや、AIを導入し、省力省人化へとシフトしていきます。より高い品質で大量に生産することで収益を拡大し、社員に還元していきたいと思っています。

株式会社ダイコーイメージ1

本社工場。

株式会社ダイコーイメージ3

品質を確認しながらの梱包作業。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は求人サイトを見て、この会社を知り、入社しました。実家から自転車や徒歩で通えるのでとても助かっています。以前、千葉県に住んで、東京の蒲田で働いていたことがあったので、そのありがたさがわかります。
当社はフィルム系の業務が中心ですが、私は経験したことがなかったので、覚えることが多く、苦労しました。わからないことは、リスト化してパソコンに打ちこんでおくなど、自分なりに工夫してきました。
最初は配達の手伝いなどもしていましたが、現在は、一昨年の年度末に立ち上げた購買課の業務をしています。私の主な担当は、材料の発注を含めた備品管理です。印刷するときに使うシリンダーなど、現場のことを理解しておかないとできない仕事です。私はプログラマーだったこともあり、パソコンを使った効率の良い管理の仕方を試行錯誤しているところです。
また、生産管理や納期管理などもしています。初めは印刷工程がわからなかったので、現場から「その日程ではできない」と指摘されるときもありました。最近は大体わかってきたので、お客様のご希望の納期日と現場が対応できる日程をすり合わせて、調整することができています。自分の一日のスケジュールも15分刻みで設定して、効率的に働いています。緊急のことがあったら、翌日にまわせる仕事をその日の業務から外して対応します。そのため残業もあまりなく、休日もしっかり取得できています。オフの時間は、仲間とサッカーをしてリフレッシュしています。グラビア印刷に関わる仕事は、覚えることが多々ありますが、慣れると面白く感じられると思います。社内の雰囲気も良いので、一緒に働いてみませんか。

株式会社ダイコーイメージ4
  • 安田 寛さん
  • 出身地/亘理市
  • 趣味/サッカー

<会社概要>

株式会社ダイコー

  • 業種/製造業・卸売業
  • 業務内容/グラビア印刷、ラミネート加工、各種製袋加工、OPP ボードン製袋加工、ラベル印刷、包装資材の販売
  • 設立/昭和54年
  • 資本金/2,500万円
  • 代表者/高野 真一
  • 従業員数/67名
  • 所在地/宮城県亘理郡亘理町逢隈中泉字一里原111-1
  • 電話/0223-34-2833
  • WEBサイト/http://www.daiko-corp.co.jp/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社ダイコーイメージ5

工場のオペレーターを求めています。資格・経験は問いません。意欲があれば大丈夫です。一人前になるには、3 ~4年かかる仕事なので、焦らず、あきらめずに取り組んでいただきたいですね。当社には20代から50代までの社員がいるので、どの年代の方が入ってきても、馴染みやすいと思います。社内の交流会やレクリエーションを企画しており、明るく話しやすい環境づくりに努めています。

代表取締役社長
高野 真一さん