アサヤ株式会社

約170年の実績。
「漁民の利益につながる、
よい漁具を」で漁業に貢献。

専務取締役 廣野 一誠さん

アサヤは嘉永3年(1850)の創業以来、漁業資材・機械の販売や修理・整備を通して、三陸の漁業に貢献してきました。現在も、「お客さまが利益を得てこそ当社がある」との考えのもと、「三陸の漁業家の真のパートナー」として、漁業家が抱える資源・収益・労働力の課題を解決するために全力を尽くしています。当社の仕事の本質は、漁民に寄り添って非効率な面倒事も引き受ける、収益向上のため機械化の導入や新しい漁法の開発をサポートする、後継者育成のため漁業の啓発に努めることです。三陸地方にとって漁業は不可欠な基幹産業です。漁業環境が厳しさを増すなか、どんな苦境に置かれようとも、私たちは決して最後まで諦めずに三陸の漁業を守る決意です。
このようなアサヤの仕事の主役は社員です。その主役が貴重な人生を費やす仕事ですから、楽しさと充実感がなくてはなりません。そのため当社では、「好き」で「得意」で「裁量」があって「評価」される仕事を作り、 皆で力を合わせて頑張り、頑張った分だけ報われる会社を目指しています。仕事が「好き」ならば創意工夫もし、自分も成長できます。「得意」なことが活かせれば、自ずと結果が出て、喜ばれ、さらに好きになります。言われた通りに仕事をするのではなく、自ら考えて行動できる「裁量」があれば新しい工夫も生まれます。こうした自らの仕事が正しく「評価」されることで充実感が生まれ、さらに新しい一歩を踏み出していくことができます。
アサヤは楽しさと充実感のある仕事を通じて、より多くのお客様に価値を届け、より多くの対価を受け取り、より生活を豊かにしていきます。社員が楽しく働き、お客様に喜ばれ、地域にも貢献する「三方よし」を大切に、二百年、三百年企業を目ざします。ぜひ、一緒に三陸の漁業に貢献していきましょう。

アサヤ株式会社イメージ1

お客様から道具の修理を依頼されることも。先輩社員に手取り足取り教わりながら、細かい作業を一個ずつ覚えていきます。

アサヤ株式会社イメージ3

以前は魚市場前に本社がありましたが、東日本大震災で被災し、 2013年10月に現在の本社が完成しました。

中堅社員が語るキラリVOICE

転職してきた当時は、なんの専門知識もありませんでした。自分に営業ができるか不安でしたが、小さいころから機械いじりが好きなこともあり、仕事は好きでした。漁業者に注文を聞き、商品を納入するのが主な仕事ですが、単に右から左に納めるのではありません。お客さまの話をじっくり聞きながら、新しい情報などをお伝えしながら漁師さんに最適な商品を提案しています。海の状況、漁の目的、漁師さんのこだわりなどによって、求められる漁具も実にさまざまです。自分が提案した漁具で漁の成果が決まりますので、責任もありますがやりがいもあります。「おかげでうまくいった」と喜ばれるのがいちばん嬉しいですね。お客さまと話し合いながら、きちんとやればきちんと結果がでる。そういう点では自分も勉強させていただいている、という気持ちです。
仕事に関しては束縛もなく、自分で考えて自分流にできます。当たり前でないことができる点で楽しくやっています。これからはもっと自分を磨き、お客さまからも社員からも頼ってもらえる存在になっていこうと思います。
毎日無理な残業もなく、プライベートな時間も十分取れます。以前はよく友達とバンドを組んで演奏を楽しんでいました。人と人が近く、横の関係が強いのも気仙沼の魅力です。

アサヤ株式会社イメージ4
  • 及川 翔さん(35歳)
  • 出身地/気仙沼市
  • 趣味/楽器演奏(ギター)

<会社概要>

アサヤ株式会社

  • 業種/漁具・船具・漁業資材・漁撈機械の販売・修理
  • 業務内容/漁具・船具・漁業資材・漁撈機械の販売、漁撈機械の修理・整備、油圧ホースの製作、救命筏の整備、船舶の塗装、水中ロボットでの漁場調査、漁網の仕立て、漁網の防汚加工・染網、フロートの製造
  • 設立/1850年(嘉永3年)創業
  • 資本金/5,000万円
  • 代表者/廣野 浩
  • 従業員数/97名
  • 所在地/宮城県気仙沼市松川前13-1
  • 電話/0226-22-2800
  • WEBサイト/https://www.asaya.co.jp/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

アサヤ株式会社イメージ5

専門知識や経験は必要ありません。海が好きで、お客さまに会うことが好きで、人に喜んでもらうことが好きな方は、ぜひ連絡ください。仕事では、お客さまに寄り添って、相談役的な役割を果たしながらサポートしてください。「他の浜ではこんな実績がある」「水産試験場の結果をみて、いっしょに挑戦しましょう」と、お客さまと同じ目線でともに漁業に取り組み、道具サイドで支える。そんな感じです。最初はできなくても「いつか役に立てる」と、前向きに仕事にあたれる方が向いていると思います。

専務取締役
廣野 一誠さん