株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)

ワインの力で繋ぎ、導く
生産者のストーリーと
東北の新たな魅力。

代表取締役 毛利 親房 さん

ワイナリー設立のきっかけは「東日本大震災からの復興」でした。設計事務所に勤めていた頃、女川の温泉施設を担当したことがあり、女川は思い入れのある町でした。しかし震災で壊滅状態になったのを見て「これはなんとかしないといけない」と強く思ったのです。それから復興会議に顔を出し、漁師や農家など多くの方々と意見を交わしました。その中で思いついたのがワイナリーの設立です。東北が誇るすばらしい食材を、ワインとのマリアージュで広めようと考えたのです。震災で宮城のワイナリーが途絶えてしまったことも後押しとなりました。そのことを牡蠣漁師の方と話したところ「養殖棚にワインを沈めて熟成させよう」など話が盛り上がり、「今日は久しぶりにワクワクしたよ」と言っていただきました。ワイナリー設立までにさまざまな苦難もありましたが、多くの方に励まされてオープンに至りました。現在はブドウの栽培やワインの製造・販売のほかに、ワインの担い手を育成する「宮城ワインアカデミー」を開催しています。多くの人と出会えるので、人としての成長や大切な人脈を得られると思います。
また「テロワージュ東北」という新しいプロジェクトも始まっています。「テロワージュ」とは気候風土や人の営みを意味する「テロワール」と食とお酒のペアリング「マリアージュ」をかけた造語。生産者の思いを聞きながら調達した食材をそのままお店で調理して味わうような、東北の食をより深く体験してもらうツアーを考えています。そのため東北の観光情報を集約した web サイトの立ち上げや、人工知能によるコンシェルジュの開発も進んでいます。このプロジェクトは ALL 東北で力を合わせてのぞむプロジェクトだと考えています。東北の魅力を全国に発信して、多くの人に来てもらい、東北を元気にしたいですね。

株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)イメージ1

自社畑で栽培されたぶどう。

株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)イメージ3

自慢のワイナリーで生産したワイン。

<会社概要>

株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)

  • 業種/製造業
  • 業務内容/ブドウの栽培、ワインづくり・販売、カフェの運営、人材育成、他の産業・アクターとの商品開発、その他連携
  • 設立/平成27年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/毛利 親房
  • 従業員数/4名
  • 所在地/宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原西6
  • 電話/022-226-7475
  • WEBサイト/http://akiuwinery.co.jp/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)イメージ5

ワイナリーでの仕事は、ブドウの栽培やワインの醸造、イベントなどでのお客様への対応など多岐にわたります。ぜひ幅広く楽しめる人がいいですね。また新しい事業なので試行錯誤することも多々あります。そのときに主体的に行動したり、好奇心を持って一緒にチャレンジしてもらいたいと思います。自然と向き合う厳しさもありますが、ブドウの収穫時や仕込んでいたワインができたときには、格別の達成感や喜びを感じられますよ。

代表取締役
毛利 親房さん