株式会社アキウツーリズムファクトリー

築160年の古民家から
秋保が誇る美しい風景や食材を
世界に向けて発信!

代表取締役 千葉 大貴 さん

深く豊かな自然が残り、温泉やアウトドアも楽しめる秋保が大好きでした。2016年の秋保での G7会議開催をきっかけに地域活性化プロジェクトを考え、地域の方々と意見を深めながら2017年に観光まちづくり会社として設立。その後1年かけて拠点となる「アキウ舎」をオープンしました。この「アキウ舎」は秋保で長い間町長を務めていた方の家を改修したものです。業者には「立て直したほうがいい」と言われることもありましたが、それでもこの家にこだわったのは「昔ここでよく怒られてね」という地域の人の思い入れがあったから。地域の心の拠り所になっているこの家を残したいと、改修に踏み切りました。
「アキウ舎」ではカフェレストランやサイクルツーリズム、ファームツアーなどを行っています。カフェレストランでは、秋保の新鮮な野菜や地場産食材を使ったメニューの提供や、秋保をはじめとする地元作家の作品の販売を行っています。またサイクルツアーではマウンテンバイクにのって秋保大滝や神社、商店街など秋保の町をゆっくり巡りながら案内しています。外国のお客様も多いですね。地元の人たちが気軽に話しかけてくれることや美しい田園風景の中を自転車で走ることに感動するようで、このツアーを通して思い出作りや絆を深めることを目的としている方が多いように感じます。こうしたツアーも地域の方々の協力があってこそ。とてもありがたいです。
今後はブライダルや冬のアクティビティも計画しながら、1年を通して秋保に来ていただけるようにしたいと考えています。秋保は仙台の大切な財産。「仙台には秋保がある」と言ってもらえるようになりたいですね。「アキウ舎」は人と人とをつなぐ機会を創出する場でもあると考えています。これからもどんどん人を巻き込んで、秋保の物語を発信していきます。

株式会社アキウツーリズムファクトリーイメージ1

古民家とは思えない最新の厨房設備を備える。

株式会社アキウツーリズムファクトリーイメージ3

アキウ舎入口。

中堅社員が語るキラリVOICE

私は、中学生の頃からマウンテンバイクのライダーとして大会に出場し、様々なイベントに関わってきました。2017年の夏から当社の業務委託を受けるようになり、今年の9月からは正社員として働いています。
ふだんの業務は、自転車ツアーの企画やガイド、観光協会から依頼されているサイクルステーションの設置です。
サイクルステーションとは、サイクリストに水を提供してくれたり、空気入れなどの工具を貸してくれたりする休憩場所です。当社で2018年7月から運営している古民家再生カフェ「アキウ舎」も、サイクルステーションの役割を担っています。来年ぐらいから、このカフェでマウンテンバイクのレンタルも始める予定です。マウンテンバイクは丈夫でパンクしづらく、悪路も、でこぼこのある自然の中も走りやすいです。里山や田圃のあぜ道の風景にマッチし、写真映えもします。店先の人や、農作業をしている人を見かけたら、すぐ近くまで行って話しかけることもできます。また、自転車ツアーと農業体験を組み合わるイベントも計画中です。
その他にも、サイクルツーリズムを推進していくための宮城復興局の仕事や、日本サイクリング協会主催のサイクルガイド育成講習会の事務局もしています。
私は、自分が好きで得意な自転車を、会社の仕事として取り組むことができて、とても嬉しく感じています。自転車を楽しむ環境づくりには、自分の知識や経験、能力を生かせるので、やりがいも得られています。
今、観光は物の消費から体験型にシフトしており、各自治体も自転車での観光に力を入れ始めています。私たちもそれに負けず、今よりもっと自転車がレジャーとして広がるように、努めていきたいです。

株式会社アキウツーリズムファクトリーイメージ4
  • 高橋 開さん(25歳)
  • 出身地/仙台市
  • 趣味/自転車

<会社概要>

株式会社アキウツーリズムファクトリー

  • 業種/サービス業(観光)
  • 業務内容/仙台市秋保地区の観光まちづくり。古民家を改修した観光交流拠点施設「アキウ舎」(カフェ、地元の物産コーナー等)の運営。
  • 設立/平成29年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/千葉 大貴
  • 従業員/4名
  • 所在地/宮城県仙台市太白区秋保町湯元字除9番地の4
  • 電話/022-724-7768
  • WEBサイト/https://akiusha.jp/
掲載日(平成31年1月)

求める人材像

株式会社アキウツーリズムファクトリーイメージ5

地域に密着した会社なので、地域を盛り上げながら仕事ができる人がいいですね。特にガイドの仕事では、つまらなそうな顔で案内をするとお客様にも伝わってしまうので、参加者と一緒に自分も楽しみながら、「どうだ!」と自信を持って秋保の魅力を伝えてほしいと思います。仙台が誇る秋保を世界に向けて発信していきたい、そのプロセスを楽しみたいという思いを持ち、自発的に取り組んでいける方をお待ちしております。

代表取締役
千葉 大貴さん